CATEGORY
FOLLOW ME
HOMEセックス床オナニーって何?床オナニーのやり方と危険性をまとめて解説!
更新日:2018.09.11

床オナニーって何?床オナニーのやり方と危険性をまとめて解説!


男性

いったい床オナニーって何だろう?

男性

床オナニーってどうやってするの?

男性

床オナニーの危険性は?

普通のオナニーも十分気持ちいいですが、世の中には他にも様々なオナニーがあります。

『床オナニー』もその中の一つですが、そのやり方や危険性があるのかを知っている人は少ないでしょう。

エロメン

どうも!元祖オナニストのエロメンです!

この記事では

  1. 床オナニーとは何か
  2. 床オナニーの正しいやり方
  3. 床オナニーの危険
  4. 床オナニー依存の対処法

これらを詳しくご紹介します!
床オナニーを知れば今まで以上に気持ちいいオナニーを楽しめますよ!

この記事を見ることで床オナニーのことが理解できます!

エロメン

床オナニーを知りたい人は参考にしてみてください!

そもそも床オナニーとはどんなオナニーなのか?

男性

床オナニーってそもそもどんなものなの?

床オナニーとはその名の通り、床を使用したオナニーです。

仰向けに寝たまま床や布団などにペニスを擦りつけ、その刺激でオナニーを行うのが床オナニーとなります。
通常のオナニーは手コキで射精しますが、床オナニーでは異なる刺激を感じることができ、とてつもなく気持ちいいのです。

床の材質や布団の触り心地で刺激も変わり、場所や布団を変えれば様々な気持ちよさを体感できます!

誰でも手軽に簡単に、いつものオナニー以上の気持ちよさを手に入れることが出来る、それが床オナニーなのです!

エロメン

床オナニーは気持ちよすぎて止められない、魅惑のオナニーです!

床オナニーは特にMな人におすすめです!

床オナニーは特にM気質の人にオススメのオナニーと言えます。

何故なら手を使わず自分の体重でオナニーを行うため、攻められている感覚を味わうことが出来るからです。
<自重によりペニスを圧迫させるという行為に対して、M気質の人は恥辱と快感を得ることが出来ます。

床オナニーは身体を動かしペニスに刺激を与えるため、その姿はまるでセックスしているようにも見えるでしょう。

床オナニーはセックスの練習にもなり、セックスしたことが無い男性はセックスのテクニック磨きにも使えます。

エロメン

床オナニーはMであればあるほど、気持ちよく感じるでしょう!

床オナニーの正しいやり方を3ステップで詳しく解説!

 

男性

床オナニーの正しいやり方ってあるの?

床オナニーで快感を得たい場合、正しい方法に則って行わなければいけません。

誤った方法で床オナニーをしても、気持ちよくならないばかりかトラブルを引き起こす可能性もあるからです。
そこで床オナニーの正しいやり方をご説明いたします。

床オナニーの3つのステップ

  1. 服を脱いでリラックスする
  2. ベッドや床にうつぶせになる
  3. 寝バックのような体勢で腰を浮かせペニスをこする

この3つのステップ通りに行えば、初めての人でも床オナニーを堪能できますよ!

エロメン

それでは床オナニーのやり方を詳しく説明していきます!

1.服を脱いでリラックスしよう

床オナニーをする前には、まず心も体もリラックスさせましょう。

緊張していては上手く床オナニーが出来ませんし、勃起出来ないことも予想されます。
リラックス状態であればあるほど床オナニーに適した状態になるため、本番のセックスをイメージしながら心をおちつけましょう。
その際には服を脱いだ状態でリラックスするとよいでしょう。

服を脱ぐことで解放感を得られ、それがリラックスへと繋がります。

2.ベッドや床にうつぶせになろう

リラックス出来たら次は、ベッドや床にうつぶせになりスタンバイしましょう。

床オナニーになれてない人や、初めて行う人は、ベッドやソファでチャレンジするのががおすすめです。

いきなり床で行うと、床の固さで体を痛める恐れもある為、まずは柔らかい布団などで始めるほうが安全です。
慣れてきたら床でチャレンジしてみましょう。

うつぶせになってスタンバイする際、完全に勃起させるのではなく半勃ち状態にしておくのが床オナニーで気持ちよくなるコツです。

3.寝バックのような体勢で腰を浮かせてペニスをこする

うつぶせ状態で半勃ちになったら、寝バックの体勢で腰を少し浮かせましょう。
そのまま床や布団にペニスを擦り付け、刺激を与えます。

前後に動くことでペニスが擦れて気持ちよくなり、最後は射精してフィニッシュです!

体の動きだけで気持ちよくなれますし、手コキとはまた違った刺激なのでやみつきになりますよ!

寝バックの体勢が良くわからない人は、まず寝バックの記事を読んでからチャレンジすることをオススメします。

エロメン

きちんとステップ通りに行えば、簡単に床オナニーで気持ちよくなれるでしょう!

床オナニーは危険!?3つの危険性と注意点を解説!

 

男性

床オナニーに危険性はないの?

普通のオナニーよりもやみつきになる床オナニーですが、少なからずデメリットがあります。
床オナニーをするとどのようなデメリットがあるのかをご紹介していきます。

床オナニーの3つの危険性

  1. 床オナニーでEDになるリスクがある
  2. 床オナニーでペニスを痛めるリスクがある
  3. 床オナニーで病気になるリスクがある

これらのデメリットを正しく認識し理解していないと、重大なトラブルを引き起こす恐れもあるのです。
そのため危険性とデメリットを知り、正しく床オナニーを行う必要があります!

エロメン

これらを気を付けて床オナニーしましょう!

1.床オナニーでEDになるリスクがある

床オナニーをやりすぎると、それ以外のオナニーやセックスではイケなくなる恐れがあります。
これは床オナニーが勃起していない状態でも、ペニスに刺激を与えることが出来るためです。

通常は勃起したペニスを手コキでしごいたり、セックスの際に女性の膣に挿入して射精します。

しかし床オナニーをやりすぎると手コキでの刺激では足りないとか、膣に挿入しても圧迫が緩くて萎えてしまうということも起こりえるのです。

最終的には勃起しない、いわゆるED(勃起不全)になるリスクがあるので、やり過ぎには注意が必要といえます。

2.床オナニーでペニスを痛めるリスクがある

床オナニーでペニスを痛めたり傷つけるリスクもあります。
特に固い床で床オナニーをしていると、床と身体に挟まれたペニスを押しつぶす形となりそれだけでペニスを痛めてしまいます。

無理に固い床でオナニーし続けると、擦り傷などの傷を負う恐れもあるので注意しましょう。

ペニスを痛めないためには、布団やベッドで行う、クッションなどを利用するのがおすすめです。

そうすることでペニスを傷めるリスクを軽減できるでしょう。

3.床オナニーで病気になるリスクがある

床オナニーをやると、病気になるリスクもあります。
なぜ床オナニーで病気になる可能性があるのかというと、床やベッドは決して清潔とはいえないからです。

いくら掃除をしていても床には雑菌が大量にいますし、ベッドやソファなども雑菌やばい菌だらけだということを知っておかなくてはいけません。

もし床オナニーでペニスに傷を負ったり痛めた場合、ばい菌が入って炎症を引き起こしたり病気になることも十分に考えられるのです。

エロメン

床オナニーのやり過ぎには注意が必要ですし、リスクがあることを正しく理解しておきましょう。

もしかして床オナニー依存症!?依存症から脱却する2つの対処法を紹介!

 

エロメン

もしかして自分は床オナニー依存症かも!?対処法は無いの?

床オナニーにハマりすぎてしまい、依存症になってしまうと様々な弊害が生じます。

そうなってしまうと女性との付き合いなどもまともには出来なくなるので、床オナニー依存症から脱却する必要があるでしょう。

床オナニー依存症を克服する2つの方法

  1. オナ禁して依存症を克服
  2. TENGAでオナニーすることで依存症克服

この2つがあります。
それぞれを詳しく説明していきますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

エロメン

依存症克服のための対象法を知れば、元の状態に戻れるはずです!

1.オナ禁して依存症を克服

床オナニー依存症を克服するには、一定期間オナニーを禁止する『オナ禁』が効果的です。
床オナニーのやりすぎで勃起出来なくなった場合、禁欲して勃起力を回復する必要があります。

オナ禁することで徐々に勃起力は改善し、もとの状態へと戻ることが出来るでしょう。

オナ禁している間はAVなどアダルトなものには触れない、考えない、聞かないことが重要です。
運動などをしてアダルトなものから離れたり、何か夢中になれる趣味を見つけるのも良いでしょう。

2.TENGAでオナニーすることで依存症克服

依存症克服するためにTENGAでオナニーするのも効果があります。

床オナニーにハマってしまうと、勃起しなくても射精できるのが問題です。
それを改善するためにまずは勃起力を回復、その後TENGAでオナニーすることから始めましょう。

TENGAは有名なオナホですので入手が楽、さらにペニスを傷めることなくオナニーできます。

床オナニーを止める→オナ禁期間を設ける→TENGAでオナニー→手コキでオナニーの順にリハビリしていけば、床オナニーから脱却出来るでしょう。

エロメン

床オナニー依存症対策には、対策法を講じるとともに改善したいという気持ちも重要です!

床オナニーは気持ちがいいがリスクが高いこと理解しよう!

床オナニーは普通のオナニーとは比べ物にならないほど気持ちがいいことがわかったでしょう。
正しいやり方をわかった上で無理なく適度に行うのであれば、トラブルになることも少ないと言えます。

しかし床オナニーにハマり病み付きになってしまうと、依存症など様々な問題が生じてしまうため、リスクがあることは重々理解しておかなくてはいけません。

床オナニー依存症になった場合適切な対処法を取る必要があり、そうすることで通常の状態へと戻ることが出来ます。
やりすぎは危険であるという事と、無理して行うと怪我の危険性もあるということを分かったうえで床オナニーを行うべきです。

安全に気持ちよくなれるオナニーとして『チクニー』がありますので、リスクを冒したくない人はそちらを試してみるのをオススメします!

PCMAXを使ってみる

\ユーザー満足度順/
出会えるアプリランキング