CATEGORY
FOLLOW ME
HOMEセックス宝船(たからぶね)のやり方は?コツと注意点を徹底解説!【画像付き】
更新日:2018.08.29

宝船(たからぶね)のやり方は?コツと注意点を徹底解説!【画像付き】


The following two tabs change content below.
エロメン東

エロメン東

abemaTVなどに出演して、人気急上昇中のエロメン東です!BRACEの編集部としてエロテクとモテノウハウを発信していきます。
男性

 もっと刺激の強い騎乗位はない?

男性

 宝船ってどうやってやるの?

エロメン

こんにちは!48手をマスターした男、エロメンです。
この記事では皆さんのこのような疑問にお答えしていきます!

セックスをすることに慣れてくるといろいろな体位に興味が出てきますよね。

たくさんある体位の中でも特に騎乗位は、女性が主導権をにぎって動くので攻められるのが好きな男性に人気があります。
そんな騎乗位の中でも特にコアなセックスマニアに人気なのが「宝船」という体位です。

今回はそんな「宝船」について、メリットやデメリットなどを紹介しながら宝船のやり方や注意点などについてお話していこうと思います。

エロメン

宝船のやり方がわかると騎乗位がもっと気持ちよくなります!

宝船って?

宝船とは、セックス四十八手の中の1つで騎乗位の変形になります。
仰向けに寝転んだ男性に上に女性が男性の足の間に交差するようにまたがって挿入します。

今まで普通の騎乗位しかしたことがない方でしたら、驚くほど深い挿入感が得られる体位になっています。

男性だけでなく女性にとっても非常に刺激の強い体位として人気があるのですが、いざやってみようとすると中々難しい体位だったりもします。

そこで次項では「宝船」のやり方について順を追って解説していきますね。

宝船のやり方とは?

文字だけで見るとなかなか難しい宝船ではありますが、方法をしっかりと覚えれば簡単にできます。
以下の3ステップを確認していきましょう。

    宝船の3ステップ!

  • ステップ1:まずは騎乗位で挿入
  • ステップ2:女性が90度(好きな方へ)横を向く
  • ステップ3:向いた方の男性の片足を抱きかかえるようにして腰を振る

(1)まずは騎乗位で挿入

いきなり宝船の状態で挿入することも可能ですが、慣れないうちは騎乗位から変えていくことがおすすめです。まずは一般的な騎乗位で、横になった男性に女性がまたがるようにして挿入しましょう。

(2)女性が90度(好きな方へ)横を向く

次に女性はどちらでもいいので好きな方向に90度体をまわして横向きになります。横を向く時は少し腰を浮かせてまわると回転しやすいです。また男性も女性が回る際に少し腰を弾いて上げたりして向きを変えやすくしてあげましょう。

(3)向いた方の男性の片足を抱きかかえるようにして腰を振る

横向きになれたら、前にある男性の片足(右に回転したら男性の左足)を抱えるようにして持ち腰を振ります。この時女性は男性の足の付け根にクリトリスを擦るように動くと深い挿入感を得られます。男性は女性が動きやすいように少し体を傾けたりしてあげると女性が動きやすくなります。

エロメン

女性主体の体位ですが、男性も女性が動きやすいように協力してあげることが大切です!

宝船の3つのメリット


宝船をすることは、単純に気持ちいいということだけでなく色々なメリットがあります。そしてそれらを意識して宝船をすることで、より気持ちのいい宝船をすることもできるようになります。

    宝船の3つのメリット!

  • メリット1:非常に深い挿入感が得られる
  • メリット2:女性が積極的になりやすい
  • メリット3:女性が満足しやすい

(1)非常に深い挿入感が得られる

体を90度回転させて交差するようにして挿入する宝船は、通常の向かい合ってする騎乗位よりも格段に深くまで挿入することができる体位になっています。特別難しい動き方をしなくても自然と奥まで挿入できるので、テクニックなど必要なく男女ともに快感を得やすいです。

(2)女性が積極的になりやすい

通常の騎乗位でもそうですが、女性は自分の好きなように動く事ができるので心身ともに積極的になりやすいです。また宝船の場合は対面せずに横向きになるため顔を見ずに動くことができるので、恥ずかしがり屋な女性でも積極的に動きやすい体位です。

(3)女性が満足しやすい

女性は膣よりもクリトリスが感じるという人も少なくありません。宝船では騎乗位と比べて深くまで挿入できることもあり、膣と同時にクリトリスを擦ることもできるため満足しやすい体位になっています。また、男性の片足を抱えることができるので動きやすいというメリットもあります。

エロメン

女性も気持ちよくなりやすい騎乗位だよ!

宝船の3つの注意点


 

男性

宝船のやり方は分かったけど、注意点とかはある?

宝船は男女ともに快感を得やすい体位ではありますが、女性主体の体位のため慣れるまでは難しかったりもします。
実際にカップルで宝船をやってみようとなった時の注意点なども3つご紹介しておきたいと思います。

    宝船の3つの注意点

  • 注意点1:男性側が多少体力が必要
  • 注意点2:女性が積極的に動く必要がある
  • 注意点3:気持ちよくなれるまでに慣れが必要

(1)男性側が多少体力が必要

宝船では男性が常に片足を上げた状態でいる必要があります。女性が完全に足を抱えることはできないので、男性は自分で足をあげている必要があるので無理はしないようにしましょう。

(2)女性が積極的に動く必要がある

体を交差することで深い挿入感を得られる宝船ですが、あくまで騎乗位になるので女性は積極的に動くことが大切になります。

(3)気持ちよくなれるまでに慣れが必要

女性の腰の振り方や男性の体の角度によって、宝船は気持ちの良し悪しがかなり変わる体位でもあります。深い挿入感は得やすいですが、お互いが最高に気持ちよくなるには慣れも必要です。

エロメン

女性主体だけど息を合わせて一緒に気持ちよくなることが大切です!

宝船したい人にオススメのセックスプラン


 

男性

宝船を実際にしたいけど、どんな流れで進めればいいの?

宝船はセックスをより楽しみたい方にとてもおすすめの体位です。ただし女性主体の体位でもありますので、最初からいきなり宝船をやろうとしてもなかなか難しかったりもするものです。

ですので、一連のセックスの流れの中に宝船を上手に組み込んで、自然な流れで女性に動いてもらうことが大切になります。

女性が積極的な場合は最初から騎乗位でもいいですが、そうでない場合などは抱き地蔵という対面座位の姿勢から騎乗位に持っていくと自然な流れで女性に動いてもらいやすくなります。

抱き地蔵から時雨茶臼という騎乗位にもっていき、そこから女性に少し横向きになってもらって宝船を行うのが良いです。

その後は百閉という対面の騎乗位に戻ってフィニッシュというのがおすすめの流れです。

    おすすめの体位の流れ

  1. 抱き地蔵
  2. 時雨茶臼
  3. 宝船
  4. 百閉
エロメン

騎乗位が多いセックスだと女性も満足しやすいですよ!

宝船を体験した女性の感想

女性

初めて宝船をした時はいつもとは全然違う挿入感があって、彼のペニスが伸びたんじゃないかと思いました。自分の気持ちいいところにも当てやすくて、それ以来はまってしまっていつもエッチする時は宝船の体位で彼の足をもってしています。

女性

彼が四十八手の本を持っていて、その中でこれをやってみようと提案してきたのが宝船でした。一緒に本を見ながらやってみたんですが、いつもよりクリが刺激できて気持ちよかったです。クリ派の人は絶対おすすめの体位です!

女性

年下の彼にもっと気持ちよくなってほしくて自分なりにいろいろ調べていて見つけた体位です。宝船だと彼も私もお互い気持ちよくなれるし、彼は騎乗位でいく事が多いんで最後はいつも宝船をしてあげてます。宝船だと私もいけるんで一緒にいくこともできるようになりました。

エロメン

騎乗位の中でも女性が快感を得やすい体位ですね!

宝船で新しいセックスライフを!!

以上、四十八手の中から宝船を紹介してみました。

宝船は騎乗位の一つですが、特に女性が通常の騎乗位では得られないクリへの快感を得やすい体位になるので人気があるようです。
セックスはなかなか一緒に逝くのは難しいですが、宝船の場合女性側に膣とともにクリへの刺激も加えることができるので一緒にいきやすい体位でもあります。

もしまだやったことがないカップルは是非一度試してみてください。

エロメン

一緒に逝ったことがないカップルは宝船は最適だね!

\ユーザー満足度順/
出会えるアプリランキング