CATEGORY
FOLLOW ME
HOMEセックス正常位の正しいやり方 女性を気持ち良くさせるセックステクニック
更新日:2018.02.28

正常位の正しいやり方 女性を気持ち良くさせるセックステクニック


セックスと一言で言っても様々なプレイがあり、いろいろな体位を試してみたいというのが男心というもの。

でもやはり、最後の最後に行き着く……というか落ち着く体位がありますよね。

そう!セックスにおける基本中の基本である正常位です。

「正常位を制する者はセックスを制す」とさえ言われているほど重要な体位。

正常位は女性にとってはもちろん男性にとっても基本となります。

そんな正常位ですが、本当に正しいやり方を分かっていると自信を持って言えますか?

正常位の正しいやり方を覚えて、女性を最高に気持ち良くもだえさせてあげましょう!

正常位の前に正しいやり方で愛撫をしよう!

どのような体位であろうとも、基本となるのは愛撫。

いきなり焦って挿入に持ちこんではいけません。

男性はすぐに挿入したくなる生き物ですが、女性は全く逆。ゆっくりと気持ちを盛り上げていく生き物です。

女性はじらされればじらされるほど、体がほてって感じやすくなっていきます。たっぷりと時間をかけて愛撫してあげましょう。

全身を愛撫するだけではなく手マンやクンニなどもしてあげると、さらに効果的です。

過去の関連記事に前戯やクンニについて書いたものがあるので、ぜひ合わせて参考にしてくださいね。

正常位でペニスをスムーズに挿入するための基本的なやり方

さて、たっぷりと時間をかけて愛撫が終わったとします。

十分に女性のあそこは濡れましたか?

できることなら挿入前に、軽くでも1度イかせてあげるのが理想的。

男性は1度イッてしまうと萎えてしまいますが、女性は違います。1度でもイくことができれば、2度目3度目とイきやすくなり、イくまでの時間も短くなっていきます。

さらに、絶頂に達すれば達するほど感度の方も上がっていきます。

「もっと!もっと!」とむさぼるように快楽を求めるようになっていくのです。

その為にも、クンニや手マンなどで挿入前に快感を味わわせてあげましょう。

POINT

「愛撫に十分に時間をかけたけれどちっとも濡れてくれない!」ということが、相手の女性の性格や体質によってはそういったこともままあります。

基本的に、女性が感じない理由はあなたに心を開いていないか、単純に性的感覚が開発不足かのどちらかです。

どちらの場合でも目の前の一発を成功させようとせずに、彼女の気持ちを解きほぐしたり、日を置いて挑戦したりして徐々にセックスに慣らしていきましょう。

正常位の基本的な体勢を知ろう!

まず、正常位の基本的な体勢を知っておきましょう。

最初に女性にベッドの上にあおむけになってもらい、股をM字型に開いてもらうのが基本となります。

ちなみに産婦人科での検診でもこのポーズが基本。つまりは女性の膣に一番スムーズにあれとかこれとかを挿入しやすい格好なのです。

ちなみに女性の腰の下にクッションや枕などを敷いてもらうとスムーズに挿入しやすくなり、また女性にとっても楽な姿勢になって腰が痛くなるのを防げます。

経験の浅い女性だと股をM字型に広げるのを恥ずかしがるかもしれませんが、そこはあなたのトークスキルで心をほぐしてあげましょう。

この時は「怖くないよ」とか「痛くないよ」みたいな単語よりは、なるべく「大丈夫」とか「安心して」みたいなポジティブな意味合いの単語を使うと良いでしょう。

「怖い」とか「痛い」とかって、その響きだけで心理の奥深い部分を萎縮させてしまうんですね。隠れたマル秘テクニックだと思ってください。

あとは照明を調整するとか、いっその事彼女に目隠ししてしまうとかして恥ずかしい気持ちが前面に出てこないようにしてあげましょう。

正常位での挿入は、ペニスをクリトリスに当てて滑らせるやり方が基本

経験が浅い内はスムーズにペニスをインサートするのが難しいかもしれません。

心配はいりません。何事も経験です。数をこなせば一発でスムーズに挿入できるようになってきます。

コツとしては、ペニスの先端をクリトリスに当てて膣の方向へと滑らせること。

人間の体とは不思議なもので、このやり方で自然とスムーズにインサートできるようになっています。

POINT

誰しも勃起した自分のチンコの先で彼女のマンコの入り口を弄んだ経験があると思います。

あの要領でスルッと入れればOKです。

正常位でスムーズに挿入するために、女性にも協力してもらおう!

女性の体を一番よくわかっているのは、やはり女性自身。挿入の際に女性にも協力してもらいましょう。

スムーズにペニスが挿入できれば、そのあとも気分よくセックスを楽しめます。

ここで時間がかかってしまうとお互いに損。モタモタしていて気持ちが冷めてしまうと、最悪の事態になってしまいます。

経験の浅い内は仕方がありません。妙なプライドは捨てて、素直に女性に協力を申し出ましょう。

「ごめんね。実はあんまり経験がなくて。手伝ってくれる?」と言えば大丈夫。

相手の女性があなたのことを愛しているのなら、そんなことくらいであなたを嫌いになったり冷めたりはしません。

正常位の挿入の際にも、じらすのが基本

挿入の際の基本的なやり方として、半分だけ挿入するというやり方があります。

いきなりペニスを一気に奥まで入れてはいけません。それだけで女性が満足してしまうからです。

いきなりに奥まで入れてしまうのではなく、まずは半分だけ。

できれば、そのままの状態を数分間維持しましょう。

男としても早く動かしてすぐに気持ちよくなりたい気持ちはわかりますが、ここはジッと我慢。最初が肝心です。

じらせばじらすほど、女性の方は感度が上がっていきます。

いずれ女性の方が我慢できなくなって声をかけてくるはず。

我慢できなくなると、女性の方から「もっと奥まで入れて」とお願いしてきます。

けれど、ここでも一旦待ちます。

「奥まで入れて」と言われても、そのままの状態を維持するか、奥に入れず逆に少し引き抜くようにしましょう。

何度かこの行為を繰り返します。

半分まで挿入。入り口近くまで引き抜く。半分まで挿入。この繰り返しです。

そうすれば、「もう我慢できない!早く奥まで入れて!」と、女性の方から懇願してきます。

女性の懇願の声を聞いて初めて、奥まで挿入しましょう。

正常位中のピストン運動のやり方

うまく膣の奥までペニスを挿入することができたら、今度はピストン運動です。

体を動かしてペニスを抜き挿しするだけなので単純に思えるかもしれませんが、意外と奥が深いもの。

正常位中のピストン運動のやり方の基本を学んで、女性を悦ばせてあげましょう。

最初はゆっくりが基本

とにかく最初はゆっくり動くことを意識しましょう。

抜いたり挿したりをゆっくりゆっくりと行うことで、女性の感度を徐々に上げていきます。

慣れてきたら、徐々にスピードを上げていっても大丈夫。

この時、女性の顔や肌の発汗具合を見て判断すると良いでしょう。

特に胸が汗で濡れてきたら、本気で感じているサイン。ここまできたら、スピードを上げたり多少強めに動いてもOKです。

人によっては、いきなり奥まで入れたり最初から素早いピストン運動をしても感じる女性もいます。

が、いきなり激しいプレイで感じることができるかどうかは、女性のタイプや経験・その場のシチュエーションによって異なります。

万人向けなのは、じらしながらやること。

基本に従って最初はゆっくり浅くを心がけましょう。

正常位では、前後の動きではなく回転を意識しよう!

正常位において前後に腰を動かす人がいますが、これでは女性はちっとも気持ちよくありません。

もちろん、ペニスを抜き差しするので体自体は前後に動かすわけですが、それに加えて腰をぐるぐると回転させながら動かすように意識してみましょう。

ただ突き上げるのではなく、ペニス全体を使って膣の壁を360度全方位的にこするような感覚です。

同時にあなたのペニスの付け根が彼女のクリトリス付近に当たるようにも調整しましょう。

この動きができるようになると、途端に女性は本気で感じ始めます。それまでとは全く違った反応に驚かされるほどに。

多くの女性は「相手の男性に悪いから」という理由で演技で感じているフリをするものですが、しっかりと回転運動するコツさえつかめれば、明らかに演技ではない反応を見せてくれます。

基本は快感のポイントを突くこと動かすこと

女性は膣の中でも特に強く快感を感じるポイントがあって、そこをペニスでグイグイと押されるだけでも感じてしまいます。

なので、動き自体はゆっくりで大丈夫。

むしろ、スローな動きの方がお互いが気持ちよくなれた上に長い時間楽しむことができてお得。

「動きが速いだけでちっとも気持ち良くならない」

「彼氏が自分勝手で強引なので、痛いばっかり。もうセックスなんてしたくない!」

などという女性の声をよく耳にしますが、これらは全て男性側が女性の体をよく理解していないから起こることです。

大切なのはスピードよりも精度!

女性の体の仕組みと知り尽くしポイントを突いて動くことで、ゆっくりとした動きでも十分に女性を快楽へと導いてあげられます。

九浅一深を意識しよう

正常位でのピストン運動では「九浅一深」を意識しましょう。

九浅一深とは江戸時代から伝わっているセックステクニックの1つで、9回浅く入れて1回深く挿入するやり方です。

もちろん回数はこだわらなくて大丈夫。むしろ、規則的な回数よりも少々ランダムにした方が良いでしょう。

たとえば、最初は9回浅く1回深く、次に4回浅く1回深く、その次は7回浅く1回深く……といった感じです。

こうすることによって、深く奥まで挿入された時に女性は大きな快感を得られます。

正常位でも女性にも動いてもらおう

セックスというのは、決してひとりでするものではありません。

男女ふたりの共同作業ができて、初めてお互いが気持ちよくなれるもの。

それは正常位においても同じです。

確かに、正常位は男性主導の体位ではありますが、それでも女性が全く動かなくてもいいというものではありません。

たとえば、女性が前後に腰を振って、男性が回転運動を加えることで快感が何倍にも増すことができます。

ところが、セックスの最中に全然動いてくれない、通称「マグロ」と呼ばれる女性もいます。

経験が浅い内は仕方がないですが、慣れてきたら女性にも動いてもらうようにしましょう。

「自分の気持ちいいように動いて良いよ」などと声をかけて、導いてあげてください。

女性を教育してテクニックを上達させてあげることもセックスにおける醍醐味です。あるいは、逆に女性の方に教えられることもあるでしょう。

お互いのテクニックが上がることにより、どんどん体の相性も良くなり、さらなる快感を得られるようになっていきます。

そうなれば、しめたもの。お互いに相手の体なしでは生きていけない関係となれます。

正常位中の愛撫のやり方

正常位の利点として、向かい合ったまま自由に両手が使えるというものがあります。

挿入したまま、全身を愛撫することが可能。これを利用しない手はありません。両手を自由に使える状況を最大限活用しましょう。

愛撫のコツとしては、直線運動と円運動を意識すること。

たとえば、「わきの下から腰にかけて体の横の部分」を何度も指を上下に往復させてさするように愛撫してあげるとか。

背中のてっぺんからお尻にかけてのラインも女性の弱い部分です。ここも上下に指を往復させてみましょう。

もちろん、太ももの内側や乳首なども感度の高い部分です。

女性によって性感帯はある程度違ってきますが、共通している部分もあります。いろいろと研究してみてください。

何度も触られることによって快感に目覚める場合もあるので、どんどん女性の体を開発していきましょう。

また女性は密着度が高い方が興奮します。そういう意味でも正常位は有利な体位。

女性をしっかりと抱きしめるようにして、なるべく体と体が密着する面積を増やすようにしましょう。

慣れてくれば、密着したまま腰を動かすことができるようになってきます。

経験を積んで、ぜひともできるようになってください。

正常位でのセックスが終わっても、すぐに抜かないのが基本

正常位でのセックスが終わっても、すぐに膣からペニスを抜かずに数分間はそのままの体勢でいましょう。

このやり方を使うことにより、女性は安心感を覚え、よりあなたに対して深い愛情を感じるようになります。

ただ抱き合ってるだけでも良いですが、余裕があるならついでにピロートークも楽しみたいところですね。

「気持ち良かったー」「肌キレイだよね」「いい匂いする」「大好き」みたいに、あなたの素直な気持ちを一方通行で良いので真っ直ぐ伝えてあげましょう。

目の前の相手があなたのエッチに対して満足しているなら、悪くない反応が返ってくるはずです。

POINT

ここで彼女の態度がイマイチだったり、あなたの気持ちや言葉を否定されるようならば、彼女はあなたのエッチに対して心の底から満足できていない可能性が高いです。

独りよがりにならず、あなたも彼女も両方が気持ちよくなれるセックステクニックを磨きましょうね。

正しい正常位のやり方を覚えて、女性からセックスを求めてようにしよう!

男の方から「お願い!一発でいいから!一発でいいからやらせて!」などと懇願するのはナンセンス!

セックスが上手になれば、女性の方から求めてくるようになります。

「今夜一緒に過ごして!ホテル代も私が持つから!」といった具合に相手の方から懇願してくるまで開発してあげましょう。

そのためにも、まずは全てのセックスの基本である正常位の正しいやり方をマスターすること。

正常位のやり方さえ正しくできるようになれば、あとは応用をきかせるだけ。他の体位に移行するのも簡単です。

正常位で女性を快感の絶頂へと導き、「セックスマスター」の名を欲しいままにしましょう!

PCMAXを使ってみる

\ユーザー満足度順/
出会えるアプリランキング