CATEGORY
FOLLOW ME
HOMEセックス立位の上手なやり方とは?立位セックスを成功させるコツを徹底解説!
更新日:2018.08.29

立位の上手なやり方とは?立位セックスを成功させるコツを徹底解説!


男性

したことのない体位に対面立位ってヤツがあるんだけど、どういう体位なんだろう?

男性

以前対面立位を試してみたんだけど、上手くいかなかったのでコツを教えてほしい。

エロメン

こんにちは!あらゆる体位に精通しているエロメンです! 
今回は立位、特に対面立位について詳しく解説していきます!

立位は文字通り立った状態で性交を行うことですが、男女共に立った状態の場合もあれば、男性のみ立った状態の場合もあります。

立ったまま行うので普段とは違う快感を得られ、人気の体位の一つです。

しかし、立位はお互い立った状態で行うことから、非常に不安定となってしまいます。
そのため、上手くやるコツや注意点を知っておくことが何よりも重要なのです。

また立位と言っても幾つかバージョンがあり、このサイトの記事では対面立位をご紹介します。

他の立位の仲間である立ちバック駅弁体位については、別途記事を用意していますので、興味のある方はリンク先を参考にしてください。

立ちバックの記事はコチラ!


駅弁体位の記事はコチラ!

この記事を読めば、あなたも対面立位のやり方や魅力、そして注意点についてよく理解出来ます。

エロメン

立位はきちんとした知識があれば、カップルがお互いに興奮出来て、十分に気持ち良くなれる体位です。
このサイトの記事をしっかり読んで、あなたも対面立位をマスターしてください!

これなら失敗しらず!(対面)立位の5ステップ

男性

対面立位をうまくやるには、どうすればいいのかな?

立位は難しい体位ですから、上手くいかないことも多いかもしれません。
とは言え、きちんとしたステップを踏めば、それほど難しくもなく失敗もせずに対面立位をすることが可能なのです。
その具体的なステップとして、以下の5つが挙げられます。

    立位の5ステップ

  1. 女性の背中を壁にもたれるようにする
  2. 背中に手をまわしてしっかりと支える
  3. 片足を抱え上げる
  4. 下から突き上げるようにピストン開始!
  5. 駅弁体位へ体位変換チャレンジ!
エロメン

この5ステップをこれから解説しますので、しっかり憶えて、対面立位をスムーズに出来るようにしましょう!

女性の背中を壁にもたれるようにする

立位の最大の問題点は、エッチの際に男女双方の身体のバランスが悪くなることです。
それを避けるためには、女性の背中を壁に付けるというテクニックが大変有効です。

このテクニックによって、女性は壁に身体を預けられるので、後ろに倒れる心配がなく安心出来ます。
一方の男性は、女性を支える労力が軽減するのでピストン運動に集中出来るのです。

背中に手をまわしてしっかりと支える

女性の身体が壁で支えられると言っても、それは前後の動きであって、上下のバランスは男性が補助して上げる必要があります。

女性は感じてくると、特にバランス感覚を失いがちで力も抜けてきます。
そこで体勢が崩れないように、女性の背中に手を回して支えてあげるのです。

片足を抱え上げる

さて、いよいよ挿入の段階ですが、ここからが重要です。
立ったままの状態からペニスを膣に挿入するのは、かなり難しいからです。

そこで、女性の片足を男性が持ち上げるか、女性に自分で持ち上げさせると良いでしょう。
女性器が丸出しになり、挿入が非常にしやすくなります。

下から突き上げるようにピストン開始!

挿入が完了したら、後はピストン運動のスタートですが、そのピストン運動に一工夫しましょう。

イメージとしては、上下動の形になりますが、特に下から突き上げるようにすると、女性の膣奥や子宮ごと刺激出来て、大変効果的です。

駅弁体位へ体位変換チャレンジ!

立位には幾つかバージョンがあることは既に触れましたが、駅弁体位も立位の1つの形となっています。

駅弁体位はかなり上級者向けではありますが、対面立位の状態から変換するのは割と楽です。
男性も女性も大変興奮出来、快感を得られる体位ですので、チャレンジする価値は十分にあるでしょう。

なお、駅弁体位については、リンク先に詳細な解説記事がありますので、そちらを参考にしてください。

エロメン

この5つのステップを順番に従ってすれば、あなたも対面立位を十分に楽しむことが出来ます。

対面立位の魅力を徹底解剖!快感を得られる6つのメリットとは!?

男性

対面立位のやり方のコツはよくわかったけど、メリットは具体的にどんなものがあるんだろうか?

対面立位は特殊な体位ですから、やるならそれなりに魅力がないと意味がありません。

しかし心配は無用です!
対面立位には多くのメリットがあるのです。
具体的には以下の6つとなっています。

    立位の6つのメリット

  1. 女性のエロい部分が丸見え
  2. 男性側が自由に動ける
  3. 密着度が高い
  4. 奥まで突ける
  5. 持続力アップで早漏対策!
  6. 足ピンオナニー派も満足!
エロメン

この6つのメリットについての解説を理解すれば、更に対面立位に興味が湧いてくるはずです。

女性のエロい部分が丸見え

対面立位は片足を上げた状態になっているので、体勢的に男性器と女性器の結合部分が見えやすくなります。

相手とつながっている様子がしっかりと視覚に入ることで、視覚で性的興奮を得やすい男性にとっては、かなりの魅力のはずです。

更にピストン運動で、女性のおっぱいの揺れも間近ではっきりと見えますから、その動きもかなり魅力的に映るでしょう。

男性側が自由に動ける

女性が片足を上げた状態でのメリットは他にもあります。
それは、女性側が動くに動けない体勢であるため、完全にセックスの主導権が男性側に移ることです。

あなたの好きなようにピストン運動で女性を責め立てられます。
また、女性が感じてくるとバランスを取れずにガクガク状態になり、それもあなたに興奮をもたらすでしょう。

密着度が高い

対面立位は、男女共に立った状態で抱き合って挿入するため、必然的に密着度が非常に高くなりお互いの愛を深められます。

また対面ですから、お互いの顔もかなり接近するので、感じている顔を眺めたりキスしたりすることで興奮がより高まります。

  

奥まで突ける

対面立位では、男性が女性を下から突き上げる形でピストン運動するため、膣の奥まで挿入することが可能です。

通常の体位より深い挿入を利用して、子宮口や膣奥の敏感なポイントを刺激することで、女性を膣イキさせやすくなります。

持続力アップで早漏対策!

男性が中腰になって突く形になる対面立位は、体勢的に激しいピストン運動がし辛いという弱点があります

ただ、その弱点は持続力という面で見ると、むしろ長時間セックスが出来るというメリットにもなり得るのです。

またスローセックス派にとっても、じっくり女性を攻略出来るので、オススメ出来る体位の1つと言えるでしょう。

足ピンオナニー派も満足!

足ピンオナニー常用者が、肝心のエッチの際に陥りやすいのが、「セックスでイケない」ことです。
セックスでは足をピンと出来ないことが多く、普段足ピンオナニーに慣れていると、なかなかイキ辛くなるのがその理由です。

しかし対面立位では、足を伸ばした状態で出来るので、セックスでもイキやすくなり、満足のいくセックスライフが送れるのです。

男性

なるほど、これだけのメリットがあれば、対面立位をやってみる価値はありそうだ!

立位は高難度体位!?気を付けるべき3つのポイント

男性

対面立位のやり方やメリットはわかったけど、難しいそうだから何か気を付けるポイントがあれば知りたいなあ。

立位自体が割と難しい体位ですから、やはり対面立位にも注意しておいた方が良いポイントが幾つか存在しています。
具体的には、以下の3つのポイントになります。

    立位の3つの注意点

  1. 疲れやすい
  2. 激しいピストンが出来ない
  3. 身長差があると難しい
エロメン

この3つのポイントについて、次から詳しく説明しますので、しっかりと抑えておきましょう

疲れやすい

強い疲労は、立位の最大の弱点とも言えます。
立ったままでセックスするため、男女双方が無理のある体勢で行っているからです。

そのため、他の体位を織り交ぜながら、その中に対面立位を組み込んでいくのがベストと言えるでしょう。

激しいピストンが出来ない

既に<持続力アップで早漏対策!>でも触れましたが、男性が中腰になってする対面立位では、激しいピストン運動は無理があります。

そのため、女性をパワフルに突きまくるのが好きな男性にとっては、対面立位は物足りないと感じられるかもしれません。
特にフィニッシュの体位としては、余りオススメ出来ない体位と言えるでしょう。

身長差があると難しい

条件によって変わる立位の弱点として、男女の身長差の問題があります。

中腰でピストン運動する必要のある対面立位では、身長差があると更に深く中腰にならないとなりません。
これは足腰の強い疲労にも繋がります。

低身長の女性相手の場合にこれを回避するには、踏み台に載せたりハイヒールを履かせると良いでしょう。

エロメン

確かに対面立位には気を付けるべきポイントはありますが、工夫次第で克服出来るのです!

対面立位は難しい分やりがいのある体位!


立位の中でも対面立位は、メリットやデメリットがそれぞれ多く、難しい体位の1つと言われています。

ただし、デメリットを考慮しても、得られるメリットの多さを考えると、十分にやりがいのある体位であることは間違いありません。
是非この記事を参考にして、実践してみてください。

また立位の仲間である立ちバック駅弁についても、リンク先の記事を参考にすれば、より体位の幅が広がるはずです。
ぜひ読んでみてください。

立ちバックの記事はコチラ!


駅弁体位の記事はコチラ!

エロメン

難しい面もあれば興奮も出来る対面立位は、ポイントを抑えればメリットの方が大きい体位ですから、しっかり覚えましょう!

PCMAXを使ってみる

\ユーザー満足度順/
出会えるアプリランキング