CATEGORY
FOLLOW ME
HOMEデート食事だけのデートってあり?それともなし?女性の本音は?
更新日:2018.03.09

食事だけのデートってあり?それともなし?女性の本音は?


大好きな女性とのデートで一緒に食事をすることはとても良いことなのですが、それだけで終わってしまうカップルも意外と少なくありません。

付き合う前の男女では食事だけのデートも多いですよね。

ですが、せっかくのデートなのに食事だけって実際どうなのでしょうか?

それだけでも楽しいと思ってもらえるなら良いのですが、女性の本音が気になるところです。

今回は食事だけのデートはありなのかそれともなしなのか、掘り下げてお話していきたいと思います。

食事だけのデートってあり?なし?女性の本音

レストランの食卓

カップルでの食事は満腹感に満たされ、幸せを感じている気持ちを2人で共有することができるのでとても良いこととされています。

あまり相手のことを知らない関係であっても、そのような時間を共有することで親近感が湧き仲良くなりやすいようです。

一緒に食事を重ねていくうえで相手と過ごしていく時間が楽しいものと思うようになり、徐々に印象も良い方へ変わっていくのです。

そのため恋愛に発展したり、カップルの仲が深まったりと距離を縮めたいときに食事デートはぴったりなのです。

そのため、食事のみのデートがありかなしかは別として、気になる女性や彼女との食事はとても大切なことという事を頭に入れておきましょう。

そこで、一緒に食事をすることは良いことという事はわかりましたが、ずっと食事だけのデートとなるとどうなのでしょうか?

食事だけのデートは初めのころにおすすめ

ここでは食事だけのデートは、彼女に思いを寄せている間や付き合いたてなどの、初めのころのみおすすめします。

まだお互いをあまり知らない時期は、食事をしながらゆっくりと会話をすることで相手の性格や好みなどを知ることができたり、食事は異性の友達同士でもすることがあったりするので、緊張せずにリラックスした状態でデートを楽しむことができます。

また、食事のみであえて一緒にいる時間を短くすることで「また会いたい」「もっと話したい」と思ってもらいやすいので、次へつなげるには最初は食事だけというくらいが丁度良いのです。

また2~3回目も食事だけのデートをするときは、女性の好みの料理がおいしいお店に行ったり、ちょっぴり豪華なところへいったりなどメリハリをつけるのがおすすめです。

POINT

事前に行きたいお店を調べておく、そしてそのお店をきちんと予約しておく。

そういったさり気ないエスコートができるかできないかで、女性のあなたへのイメージがかなり違ってきます!

二人の関係が慣れて来たら食事だけのデートはおすすめしません

初めの方は食事だけのデートでも大丈夫とのことでしたが、慣れてきたらそうはいきません。

一般的にデートというと、映画館や水族館へ行ったりお散歩をしたりと、お出かけするイメージがありますよね。

その合間に食事を挟むという形になります。

そろそろ慣れてきたころの中なのに、食事がメインのデートって女性はなかなか乗り気にはなれないのです。

学生の頃はコンビニで長話をしたり一緒に図書館へ行ったりするだけでも思い出に残るデートになりますが、その頃よりも車がありお金にも余裕のある大人になった今、もっといろいろなところで一緒に時間を過ごすことができるのに「どうして食事だけなのかな?」と不安に思ってしまうことが多いです。

さらに毎回同じデートプランだと徐々にマンネリ化してきて、お互いに好意があってもつまらないと感じやすくなります。

そうなってしまうとカップルの間でずれが起きて、結局ダメになってしまう場合もあります。

そのため、慣れてきたら食事のみのデートは控えるのがおすすめです。

なぜ食事だけのデートではだめなのか

ワイングラスを傾ける男女

スキンシップが足りない

二人の仲をより深めるために必要なのが「スキンシップ」です。

食事は誰とでもするものですが、スキンシップを取るのは特別な人だけですよね。

食事だけのデートではその特別感がかけてしまうため、女性に愛想つかれてしまったり不安に思われたりしてしまうのです。

初めのデートの中で、「髪をなでてみる」「ほっぺをつついてみる」というような軽いスキンシップを取っておけば、次のデートのときには手をつないだり抱きしめあったりなど、次のステップへ移ることができるのです。

ですが食事だけとなるとレストランなどで良い大人がスキンシップを取ることは難しいので、次のステップへ移ることがありません。

ただ食事を楽しく過ごせる相手というところで止まってしまうのです。

自然な密着がない

食事デートだけではお互いが触れ合うことも少ないでしょう。

例えば映画館などに行った場合、ペア席はもちろん通常の席でも隣同士になり自然と距離が縮まります。

食事をするときはお互い向きあっている状態が基本なので、自然と触れ合うのがとても難しいのです。

手を握ったり抱きしめたりエスコートしなければいけない男性側にとっても悩ましいポイントといえ、自然な密着がないぶん自分から積極的にアプローチしていかなければいけません。

いろいろな一面を見ることができない

感動モノの映画を見て泣いたり、遊園地で思い切りはしゃいだり、そのような一面が食事のみのデートで見ることができるでしょうか?もちろん答えはNOです。

普段見ることのできない彼女の一面は、特別な場所でしか見ることはできません。

食事をするだけで彼女のいろいろな面を知ることができるというのは難しいと言えます。

カップルなのに知らないことが多いって良いことではありませんよね。

相手の気持ちになって考えてみよう

食事だけのデートがありなのかなしなのかは、相手の気持ちになって考えてみるとわかりやすいかと思います。

例えば、自分のタイプの女性が2人いるとします。

もちろん顔や性格は同じくらい良く、甲乙つけがたいものだとしましょう。

ただ一点だけ違いがあって、片方は食事以外のデートはしたくない人で、もう片方はテーマパークや美術館など色々遊んで周りたい人なんです。

あなたならこの女性の内どちらを選びますか?

おそらく多くの男性が色々なところへ一緒にお出かけをしてくれそうな後者の女性を選ぶでしょう。

女性側の気持ちも同じです。

あなたとのより濃い時間を、幸せな時間を過ごしたいという気持ちがあれば、やはり食事だけのデートでは満足できないでしょう。

結婚するなら食事だけでも楽しい人を選ぶ

お皿の上に乗ったゴールドの指輪

結婚を意識している女性は考え方が少し違う

食事デートだけでは物足りなさを感じる女性が多いとご説明しましたが、結婚を意識している人はちょっぴり考え方が違います。

一般的に男女が一生一緒にいるために大切なのはお互いの相性だと言われています。

実際本当に相性の良いカップルであれば、食事のみのデートでも毎回楽しくて仕方がないはずです。

ただしそうではない場合に、お出かけをして楽しい思い出を作ったり、相手に良い所を見せたりしながらプラスに持っていくのです。

そこで結婚を考えている女性はもちろん相性の良い男性を探します。

なぜなら結婚生活を想像してみるとわかりますが、毎日同じおうちで一緒に朝食を食べ、お仕事へ行き、帰ってきたら一緒に夕食を食べ、お風呂に入って睡眠時間…。

といったようにたまにはお出かけをするかもしれませんが、おうちがメインとなり一緒に過ごす時間は食事のときが多いと言えます。

その平凡な生活の中で相手の良い所をより好きになり、ダメなところをお互いで支えあっていきます。

そのため、食事のみのデートが続くからと言って別れたいと思うような相手は結婚に向かないと考えます。

逆に食事のみのデートでも楽しければ、結婚したい相手という意識へ変わりデートへの不満がでません。

結婚を意識していない女性は今を楽しみたいという人が多いのでがっつりなデートを好みますが、結婚を意識している女性は相性が合っているのであれば食事のみのデートでもありなのです。

相性が良いか悪いかの見極めポイント

男女の相性は一言では語れないものですが、それでもやはり長続きする理由や傾向というものは存在します。

一般的には次のような特徴を持っているカップルは長く続くと言われていますね。

  • 似ているところがある
    同じ育ちではないにもかかわらず、趣味があったり生活習慣が一緒だったりと、似ているところが多ければ多いぶん相性はばっちりと言えます。すれ違うことが少なくなるので、相手も同じように相性が良いなと思っているはずです。
  • 自分にとってプラスになる存在
    仕事へのモチベーションが上がったり、彼女がいるおかげで悩みがなくなったりと、自分にとってプラスになる存在の人は相性が良いと言えます。自分が彼女にとってプラスの存在であればGOOD!
  • 一緒にいて疲れない
    いくら仲の良いカップルでも、気を遣わなければいけないときはあるでしょう。そんなとき、気を使っても疲れない相手であれば相性が良いと言えます。
  • なんだか居心地が良いと感じる
    特に理由や理屈はないけれど、なぜかこの人といると落ち着くといったような直感的に何かを感じる場合も相性が良いと言えます。

自分への意識を変えてもらうことが重要

目がイッてる女性

食事だけのデートをあまりおすすめしない理由は、スキンシップが取りにくくそれ以上の関係になれないことが大きなポイントだと上で言いました。

実際3~4回デートをしているにも関わらず、食事だけのデートを繰り返している男女は、手ですらつないだことがないのが多いのだとか…。

ですが逆を言えば、食事のみのデートでもそれ以上の関係になることができれば、それはそれで良いという事です。

そのため絶対に食事だけのデートは無し!とは言い切れません。

先ほどからスキンシップを取ることがポイントと言っていますが、それはスキンシップを取ることで「相手への意識が大きく変わる」からです。

例えば何とも思っていなかった相手とふとぶつかり、至近距離で接触したことで意識してしまうようになったなんてことは少なくありません。

このようにカップルでないとしないようなふれあいがあると、相手への意識が高まる傾向にあるのです。

もしも相手への意識を高めることができて、より好きという気持ちをお互いが大きくなるのであればどんなデートでも良いと思います。

そのため、彼女の中で自分の存在が大きくなるように、ちょっと意識してしまうようなポイントをデートの中で作ることが重要になります。

あくまでも食事だけのデートでは、それがしにくいということだけなんですね。

結局食事だけのデートってありなの?なしなの?

結局のところ女性の本音はどうなの?というところですが、結論をまとめてみると1~2回目の初めの方のデートであれば食事だけのデートはあり。

ただしそれ以降は、できればきちんとしたお出かけデートを楽しみながら、その中に食事というPleasure(喜び)を含めていくのがより良いのかなと思います。

もちろんあなたと彼女、二人の関係がどこまで熟成されているのかでこの辺りは違ってきますので、デートすることを目的とせずに、彼女と二人で楽しむことを念頭に置いて行動すると良いでしょう。

素敵なカップルでいるために、素敵なデートの計画を立ててくださいね☆

ペアーズを使ってみる

\ユーザー満足度順/
マッチングアプリランキング