CATEGORY
FOLLOW ME
HOMEセックス寝バックは女性をガチイキさせる体位!正しいやり方と注意点を解説!
更新日:2018.07.11

寝バックは女性をガチイキさせる体位!正しいやり方と注意点を解説!


男性

女性をもっと気持ちよくさせてイカせたい!でも方法がイマイチわからない、、

男性

新たな体位を試してみたいけれど、おすすめの体位ってどんなのがあるの…?

こんな悩みを抱えている男性の方…

この記事を読めば、解決しますよ!

エロメン

こんにちは!
セックスの体位約50通りを、多くの女性と試してきたエロメンです!

セックスは男性も女性も気持ちよくなるのが理想ですし、男性には「もっと女性をイカせてみたい!」といった征服欲もあります。

しかし体位を知らないとセックスはマンネリ化してしまい、女性を満足させることも難しくなってしまうでしょう…!

そこでおすすめなのが、「寝バック」という体位です!

この記事では…

  • エロ画像でもよく見かける寝バックとはどんな体位なのか?
  • この体位を利用することでセックスにどんな変化が訪れるのか

を解説いたします!

寝バックの正しい方法や、活用することでの女性へのメリットも合わせてご説明しますので参考にしてみてください!

エロメン

寝バックを知ることにより、セックスがさらに良いものとなります!
正しい方法をしっかりマスターしましょう!

【体位】寝バックとは?気持ちいい寝バックの5つのコツ

寝バックとは女性にも人気がある体位であり、寝ながら後ろから女性を突き上げる方法です。
エロ動画の中でAV女優がイキまくっている体位なので、1度は見たことがあるのではないでしょうか。

この寝バックを活用すると、よりセックスでの快感を得やすくなるとともに男女共に更なるセックスの高みへと上ることが出来ます。

正常位や騎乗位とは異なり、寝バックは少々技術を必要とする体位ですので、正しいステップを踏んだ上で利用する必要があるでしょう。
ステップは5つに分けられ

ステップ1:女性に少し足を開いてもらう
ステップ2:男性が上から覆いかぶさる
ステップ3:女性の腰の位置を調整する
ステップ4:女性の太ももを足で挟む
ステップ5:挿入しゆっくりとピストン運動をする

この流れに沿って行います。
正しくマスターすれば女性をイカせまくることも可能ですし、締りが良いため男性もより気持ちよいエッチを楽しめるでしょう!

 

気持ちいい寝バックのコツ1:少し足を開いてもらう

寝バックを行う場合は、女性にも協力してもらい少し足をひらいてもらいましょう。

M字開脚挿入の正常位とは異なり寝バックの場合、最初から足が閉じていると上手くチンポを挿入できないためです。

女性にはうつぶせの状態になってもらい、ほんの少し足を開いてもらうことで寝バックをやりやすくなります。

 

気持ちいい寝バックのコツ2:上から覆いかぶさる

次に女性の背部から上に覆いかぶさるようにします。

寝バックは上から全体重をかけてお尻側から挿入する体位のため、覆いかぶさらないと行為を上手く行うことが出来ません。

出来るだけ女性と密着しながら挿入することで、寝バックの体位を維持することが出来ます。

 

気持ちいい寝バックのコツ3:女性の腰の位置を調整

3つ目のコツは奥まで挿入するために、女性の腰の位置と角度を調整しましょう。

寝バックは後ろから挿入する体位のため、相手と自分の性器の位置が合わないことも少なくありません。
下手をするとアナルに挿入してしまう危険性もあるわけです。

女性の腰の位置を自分の高さに調整することで、男性器を無理なく挿入することが出来ます。
その際には女性に無理を強いるのではなく、タオルを下にひくなどして上手に腰の高さを調整してあげましょう。

 

気持ちいい寝バックのコツ4:女性の太ももを足で挟む

挿入ができたら次は相手の太ももを足で挟みこみましょう。

女性の太ももを足で挟むことで、より締め付けが強くなり快感を得やすくなります。
太ももを挟む場合は力任せではなく、お互いに負担にならない程度の力で優しく挟むのがコツです。

 

気持ちいい寝バックのコツ5:ピストンはゆっくりと

最後のコツは、挿入してからのピストン運動はをゆっくりと行うということです。

激しくピストン運動をするとペニスが抜けてしまう恐れがありますし、寝バックという特殊な体位のため痛みを感じることも考えられます。

女性のことも考えてゆっくりとピストン運動をすれば、寝バックでのペニス抜けやトラブルを防ぐことができ、気持ちよくセックス出来るでしょう。

エロメン

寝バックは女性のことも考えながら優しく行うのがコツ!正しいステップを身につけることで女性を喜ばせることが出来ます!

寝バックという体位の魅力とは?4つのメリット!

男性

寝バックも試してみたいけれど、そもそもやる意味があるの?

男性

寝バックをすることでどんなメリットが得られるんだろう?

そう考える男性も少なくないでしょう。
寝バックをしなくてもセックスを行うことは出来ますし、快感を得ることも可能です。
そのためわざわざ寝バックをしなくてもいいのではないかと考えるのは、決して間違っていません。

しかし寝バックには正常位や騎乗位には無い、特別なメリットがありますのでそれを知ればこの体位の良さも理解できるでしょう。
メリットとしては

  • 刺激により女性を膣イキさせやすい
  • 締め付けが良いので男性も気持ちいい
  • 女性を支配したという征服感が得られる
  • 密着度が高いので興奮出来る

この4つが挙げられます。

どれもセックスをさらに良いものに出来るものばかりですので、それぞれのメリットを理解しておくと良いでしょう!

エロメン

寝バックはメリットがたくさん!メリットを知れば女性をさらに喜ばせることが出来ます!

 

1.寝バックは女性を膣イキさせやすい!

寝バックという体位は、女性を膣イキさせやすいという効果があります。

これは寝バックが足ピン状態になるためで、女性側は膣に力が入りやすいという特徴があるためです。
膣に力が入り易ければ快感を得られるGスポットや膣壁、ポルチオにペニスがあたりやすくなります。

正常位の場合なかなか膣に力が入りにくいため、寝バックほどの快感を得にくく膣イキし難いと言えるでしょう。

やはりセックスをする上では男性だけでなく女性もイキたい!と考えているのは当然です。
女性をアヘ顔にしイカセまくる、その願望を叶えやすくしてくれるのが寝バックという体位と言えます!

 

2.寝バックは膣の締め付けが強いので男性も気持ちいい

寝バックは締め付けが良いため、男性もかなりの気持ちよさを得られます。

これは寝バックの体位が足を閉じた状態のため、自然と膣の締め付けが強くなるからです。
膣の締め付けが良いほど男性は非常に気持ちいいという快感を得られます。

寝バックでは正常位や騎乗位などでは得られなかった気持ちよさを味わうことが出来るでしょう!

 

3.寝バックで特別な征服感を得られる

寝バックには女性を支配したような、強い征服感を得られるというメリットもあります。

これは女性をうつ伏せにしてその上に馬乗りになれるためで、男性本位の体位といえるからです。

馬乗りになられた女性は動くことが出来ませんし、その状況はあたかも女性を支配したような感覚をいだくことになります。

この征服感は寝バックならではの感覚ですので、さらなる興奮を味わうことが可能になるでしょう!

 

4.寝バックは非常に密着度が高い

寝バックは他の体位と比べて密着度がかなり高い為、興奮度も相当高いといえます。
他の体位の場合ある程度体の密着はしますが、寝バックほどの密着度にはなりません。

寝バックの場合、後ろから覆いかぶさるような体位のため、性器だけでなく背中と胸や足と太ももなど様々な場所が密着します。

他の体位より密着度が高くなることで、自然と興奮度もアップし感情が高まるためセックスの満足度も得やすくなるでしょう!

男性

なるほど、寝バックにはこんなに多くのメリットがあるのか!他の体位では味わえないメリットばかりなんだね

寝バックという体位には落とし穴も!?3つの注意点とは?

男性

寝バックのメリットは十分わかったけれど、逆にデメリットもあるんじゃないの?

男性

今までやったことない体位なので、注意する点がわかればいいんだけど、、、

寝バックは通常行う体位ではないので、それが男性の不安を煽ることも少なくないでしょう。
メリットがあるのは理解いただけたと思いますが、特殊な体位のためやはり注意すべき点があるのも事実です。

注意点を知らないまま寝バックにチャレンジしてしまうと、思わぬトラブルが起こる可能性もある為、今から挙げる点を理解しておくことが重要です。

注意点は

  • ペニスが抜けやすい
  • 男性が早くイキやすい
  • 女性への負担が大きい

この3つになります。

それぞれのデメリットを十分に理解した上で、寝バックにチャレンジするようにしましょう。

エロメン

寝バックにはこの体位ならではのデメリット・注意点があります。それを正しく知ることで寝バックを上手に利用出来るでしょう!

 

1.寝バックはペニスが抜けやすい

寝バックは後ろの見えない位置から、ペニスを女性器に挿入します。
そのため寝バックの体勢からピストンを激しく行うと、すぐに抜けてしまい体位を維持できません。

頻繁に抜けてしまうと女性も興ざめしてしまい寝バックを嫌がりますし、せっかくの快感も得にくくなってしまうでしょう。

それを回避するには、寝バックの体位の場合ピストン運動をゆっくりと行う必要があります。

ゆっくり行えば抜けることもありませんし、女性が嫌がるということも防具ことが可能です。
激しくしなくても十分に快感を得られるので、他の体位の時のような激しいピストン運動は避けるようにしましょう。
 
 

2.寝バックは男性が早くイキやすい

寝バックは他の体位と比べて、男性が早くイキやすいという特徴があります。

これは女性の膣締りがどうしても強くなりやすい体位なので、その締め付けにより男性がイクのが早くなってしまいがちです。
最初から寝バックを行うと、セックスがあっという間に終了してしまうことも考えられ、場合によっては女性が呆れてしまうという事態を引き起こしてしまいます。

そのため最初から寝バックを行うのではなく、一度イッた後にするとかセックスの終盤に寝バックにチャレンジすることをおすすめします。
一度イった後であれば、締め付けにより早くイクということも防げるでしょう。

終盤に寝バックを行うのも、早くイクのを防止する上では効果的です。

 

3.女性への負担が大きい寝バックと言う体位

寝バックは男性が女性の上から、全体重をかけることになる体位です。

そのため下にいる女性はかなりの負担を強いられることになります。
男性の体重が重ければ重いほど、女性にかかる負担は増えてしまうでしょう。

それと膣の位置によっては腰の向きなど、少し無理のある体勢になってしまうことも少なくありません。
無理な体勢でセックスすれば、言うまでもなく体に負荷がかかりますしそれは女性側のほうが大きくなってしまうでしょう。
気持ちよさだけを求めて激しくすれば、腰を痛めるとか膣が痛くなるというトラブルも考えられます。

そうならないためには激しすぎないようにし、相手への気遣いを忘れず寝バックを行うことがポイントです。

エロメン

寝バックには注意点があるので、それを正しく理解しておきましょう。無知は罪ということを頭に入れ、女性のことも考えて寝バックにチャレンジするのが大切です!

寝バックは正しくやれば最高に感じられる体位です!


寝バックのメリットやデメリット、ステップをご紹介してきましたが、正しく用いれば最高に感じられる体位であることは間違いありません!

これは男性側も女性側も今までにない快感を得られることに繋がりますし、マンネリ化していたセックスを打破する効果も期待できるでしょう。

まずはご紹介した内容を正しく理解し、自分本位ではなく女性もことも考えてセックスに用いてみるのがポイントです。

そうすることでセックスのさらなる高みへと上ることが出来ますし、テクニックが一つ増えたことにより満足度もアップすることでしょう!

エロメン

寝バックはセックスに欠かせない最高の体位です。上手に活用すれば快感も興奮も120%増しになること間違いなし!正しい知識を身に着けてセックスライフをさらに充実させましょう!

PCMAXを使ってみる

\ユーザー満足度順/
出会えるアプリランキング