CATEGORY
FOLLOW ME
HOMEセックスラブホへ行く前に必ず読もう!絶対に守るべき7つのラブホマナー
2017.09.16

ラブホへ行く前に必ず読もう!絶対に守るべき7つのラブホマナー


女の子とラブホへ行った時の正しいマナーをご存知ですか?正しいマナーを知らなければ、女性から「この人ちょっとナシかも・・・」なんて思われるかもしれません。そんなことが無いように、ラブホでもスマートにセックスを楽しめる男性でありたいですよね。

今回は、「あんまりラブホに行ったことがなくて、ラブホのマナーなんて分からない」という人のために、ラブホでの正しいマナーを解説します。抑えるべきポイントをしっかりまとめたので、ラブホに行く前にぜひ読んでみてください。

また、何度もラブホへ行ったことがある人でも、正しいマナーを守れているかチェックしてみてください。セックスは女性にも楽しんでもらってこそ成り立つ行為です。お互いが気持ち良くセックスを楽しめるように、正しいマナーを身につけておきましょう。

関連記事
BRACE
ラブホ初心者必見!ラブホを10倍楽しむための使い方完全ガイド
READ MORE >>

ラブホのマナー①:チェックインの注意点

20170412_6_thumb

それでは早速、ラブホのマナーを順番に解説していきます。まずは、ラブホに入ってチェックインをするところからです。ラブホに入って気分が高揚してしまう気持ちを抑えて、チェックインの時から紳士的に女性をエスコートしてあげましょう。

ラブホに入ってから部屋選びは素早くしよう

ラブホの大半は「パネル」を見て部屋を選ぶような仕組みになっています。稀に、普通のホテルと同様にフロント式のところもありますね。いずれにしても、部屋を選ぶときは素早く選ぶようにしましょう。

部屋を選ぶときに「どの部屋にしようか」と悩んでモタモタしていると、次のカップルが来てしまうことがあります。ラブホで他のカップルと出会うと、女性は間違いなくテンションが下がってしまいます。

なので、チェックインするときは、できるだけ素早く部屋を選び、他のカップルに出くわすリスクを減らすようにしましょう。もし、他のカップルに出くわしてしまっても、焦ったり、ジロジロ見たりすることはマナー違反です。

スマートに部屋を選んで、さっさと部屋に入るようにしましょう。ラブホの部屋は多少の料金が違うぐらいで、大きな違いはないので、あまり迷う必要もありませんよ。

フロントにアメニティがあるラブホもある

ラブホによっては、フロントに各種アメニティが置いてあるところもあります。玄関から入ると、すぐに目に入るのでアメニティが置いてあるかどうかは分かると思います。

もし、フロントにアメニティが置いてあった場合は、女性に「何か部屋に持っていくものある?」と一言声をかけてあげましょう。いざ部屋に入ってから、必要なアメニティを持ってくることを忘れたことに気づいて、取りに行くのも恥ずかしいですからね。

フロントに置いてあるアメニティとしては、「シャンプー」「入浴剤」「化粧落とし」などがあります。あまり男性にとっては必要のない物が多いですが、女性としてはあったら便利な物も置いてあるので、気にするようにしてあげましょう。

チェックイン中の人がいるときは外で待つ

ラブホに入った時に、まだ前のカップルが部屋選びの途中だったり、チェックインの途中だったりすることがあるかもしれません。そんな時は、外に出て車の中で待つか、ラブホによっては待合室を備えているところもあるので、そこで待つようにしましょう。

チェックイン途中のカップルの後ろに並んで待つのはマナー違反です。もし、逆の立場なら、ラブホで後ろに並ばれると嫌ですよね?女性は恥ずかしい思いをするでしょうし、落ち着いてチェックインすることも出来なくなります。

ラブホの中では、基本的に他のカップルとの接触を極力無くすようにしましょう。それがラブホを利用するときの最低限のマナーです。

ラブホのマナー②:部屋に入ってすること

170811brace2

さて、チェックインが終わったら、部屋に入って行きましょう。部屋の中に入ってからも、気をつけるべきマナーがあります。すぐにでも女性を襲いたい衝動に駆られるかもしれませんが、そこはグッと堪えて紳士的な態度を取るようにしましょう。

女性の服はハンガーにかけてあげよう

まず、冬場などで女性が上着を着ている場合は、上着を預かってクローゼットなどにかけてあげましょう。ラブホには必ず服をかけるところがあるので、ソファーなどに投げ置くのではなく、シワにならないようにハンガーにかけてあげましょう。

「服かけておくから貸して?」と一言かけてあげるだけで、女性の気持ちは全然変わってきます。細かいことですが、そう言った優しさの積み重ねこそが大切です。その後のセックスが気持ち良くできるように、丁寧に扱ってあげましょう。

お泊まりするならお風呂を入れてあげよう

もし、ラブホにお泊まりをする場合は、部屋に入ったらすぐにお風呂にお湯を溜めるようにしましょう。「休憩」の場合は、シャワーだけで済ますこともあると思いますが、時間があるのであれば、ラブホの広いお風呂をゆっくり楽しむようにしましょう。

「お風呂にお湯溜めておくね」と女性に一言かけて、お風呂場に行けばOKです。その際、お風呂は熱めにするか、ぬるめにするかを聞いてあげるとベストですね。また、ラブホにはたくさんの入浴剤を置いているところもあります。一緒に来た女性と相談しながら、入浴剤を楽しむのも良いですね。

アメニティやサービスをチェックしよう

ラブホに慣れていない人だと、部屋に入った瞬間に緊張してしまうことってありますよね。これからセックスをすると考えると、「何話せば良いんだろう・・・」と沈黙してしまう男性も多いのではないでしょうか。

そんな時は、部屋に置いてあるラブホのサービスメニューを眺めてみましょう。ホテルによっては、期間限定のサービスをしていることもあります。それらのサービスは、部屋に置いてあるメニューに全て書いてあるので、会話のネタにしましょう。

「今、限定でウェルカムドリンク出してくれるらしいよ。頼んでみる?」などの会話をしておけば、だんだんと緊張も和らいでくるはずです。また、無料貸出のコスプレ、各種アメニティの情報なども書いてあるので、女性と相談しながら、何か頼んでもあげてもいいでしょう。

ラブホのマナー③:セックスの準備をする

170811brace3

ラブホに入ってから緊張も和らいだところで、いよいよセックスに向かって準備をしていきましょう。女性にガッつくのは、まだ早いですよ。ラブホに入った時点で、焦りは捨て去りましょう。あくまで女性ファーストで行動してあげてください。

お風呂は男性が先に入ってあげること

セックスをする前には、必ずお風呂に入りましょう。もちろん時間があまりない時は、シャワーのみでもOKです。ラブラブなカップルであれば、広いお風呂に一緒に入ってリラックスして楽しんでもいいですね。

もし、別々にお風呂に入る場合は、出来るだけ男性から入るようにしましょう。「お風呂、先に入る?」と聞いてあげると、大抵の場合は「先に入っていいよ」と言われると思うので、その時は素直に先に入ればOKです。

基本的にお風呂は女性の方が長いですし、後からお風呂に入る方が気を使わずにゆっくりできます。なので、出来るだけリラックスしてもらうという意味でも、最初は男性が先にお風呂に入るようにしましょう。

お風呂上がりはルームウェアに着替える

お風呂から上がったら、ラブホに備えられているルームウェアに着替えるようにしましょう。よくお風呂上がりに、着ていた服を再度着る男性がいますが、これはNGです。

先に入った男性が、出てくるときに同じ服を着ていると、女性も同じように着ていた服を着てしまいます。シャワーを浴びた後に、同じ服を着ると気持ち悪さが残りますし、何よりセックスをするときにスムーズに脱がせません。

なので、お風呂上がりは必ずルームウェアに着替えるようにしましょう。また、お風呂上がりには、女性が使いやすいように、タオルとルームウェアを手に取りやすい位置に置いてあげるようにすると完璧です。

調光パネルの使い方をマスターしておく

女性がお風呂に入っている間にもすることがあります。それは、調光パネルの使い方をマスターしておくことです。ラブホの部屋の調光は、枕元にあるパネルを使って操作できるのですが、このパネルがラブホによって使い方が違います。

なので、いざセックスをするときに「あれ、部屋を暗くできない」とアタフタしないように、調光パネルの使い方を確認しておいてください。ただし、調光パネルの使い方を確認した後は、最初の明るさに戻しておいてくださいね。

女性がお風呂から上がって、部屋が暗くなっていたら「こいつ、やる気満々かよ」と女性に引かれてしまうかもしれないので。

ラブホのマナー④:いざセックスをするとき

170520_3_insert

では、いよいよセックスをしていきましょう。せっかくラブホに来てセックスをするのですから、思いっきりセックスを楽しみましょう。ただし、この段階でもラブホの最低限のマナーは守るようにしましょうね。

温度は少し低めに室温の調整をしておこう

まず、セックスに入る前に、室温を少しだけ下げておきましょう。お風呂から上がった段階で、体が熱くなっている上に、セックスで体を動かすと汗もかいてしまいます。セックス中にダラダラと汗が出ると、ちょっとテンションが下がってしまいますしね。

もちろん、女性には冷え性の人も多いので、下げ過ぎには注意しましょう。加えて、部屋の温度を下げる時は、必ず女性に一言かけて下げるようにしてくださいね。そして、冷えすぎたと思ったら、すぐに温度を上げる気遣いも忘れないようにしましょう。

相手の顔が微かに見える程度に部屋を暗くする

次に、先ほど使い方を確認しておいた「調光パネル」を使って、いい感じの部屋の暗さにしていきましょう。セックスに慣れて「たまには刺激が欲しい」と思うカップルは明るいままでセックスをしてもいいかも知れませんね。

私の個人的なおすすめの暗さは、「微かに相手の顔が見える暗さ」です。真っ暗だと少し興奮度が落ちてしまいますし、明るすぎると女性が恥ずかしがってしまいますからね。当然、女性が真っ暗を望むのであれば、それに合わせて暗さを調整してあげましょう。

せっかくの大きなベッドなので前戯は長めに

そして、せっかくラブホの大きなベッドでセックスをするのなら、いつもより前戯の時間を長めにとって、思いっきりセックスを楽しみましょう。ラブホでは、少々シーツが汚れるのも気にしなくて大丈夫ですしね。

わざわざラブホまで来て、淡白なセックスをしていると、女性から「もうラブホは行きたくない」と思われる可能性もあります。一緒にラブホに行った女性と、末長くセックスを楽しみたいのであれば、ラブホでは丁寧にセックスをしてあげるようにしましょう。

ラブホのマナー⑤:セックスが終わってから

170505_1_thumb

セックスが終わって賢者タイムに突入すると、何もかも投げ出したくなる気持ちになりますよね。でも、女性にラブホを楽しんでもらえるかどうかは、ここからが勝負です。賢者タイムと戦いながら、最後までラブホでスマートに過ごしましょう。

長めにイチャイチャタイムを取るようにする

先ほど、「せっかくのラブホなので、前戯は長めに取ろう」と書きましたが、後戯も必ず長めに取るようにしましょう。これはラブホのマナーというよりは、女性とのセックスにおける基本的マナーですね。

セックスが終わってからは、必ず「好きだよ」と愛の表現をしてあげましょう。まったりとイチャイチャしながら愛を表現してあげることで、女性はセックスしたことに満足感を覚えていくのです。「こんな幸せなセックスが出来るなら、ラブホっていいな」と思ってもらえればOKです。

セックス後は女性が先にシャワーを浴びよう

セックスをする前には男性が先にお風呂に入り、セックスが終わった後は女性が先にお風呂に入るようにしましょう。セックスが終わった後は、汗もかいていると思うので、女性に先に入らせてあげる優しさを見せるようにするのです。

また、女性はセックスが終わった後には、メイクを直したりする時間もゆっくり取りたいはずなので、女性が気を使わなくてもいいように、男性がお風呂に入っている時間を、そういった時間に充ててもらいましょう。

残り時間はテレビなどを見て楽しんでもOK

お互いシャワーを浴びて、まだ時間が残っているのであれば、テレビなどを見てまったりすればOKです。ホテルによっては、無料で貸出しをしているゲームなどもあるので、そういったもので楽しんでもいいでしょう。

もちろん、女性が乗り気なら二回戦に突入しても大丈夫です。せっかくラブホに来ているので、思う存分ラブホを楽しんで、女性に「またラブホに来たいな」と思ってもらえるようにしましょう。

関連記事
BRACE
ラブホを120%使おう!本気で楽しむラブホデートの過ごし方14選
READ MORE >>

ラブホのマナー⑥:チェックアウトの注意点

170809brace3

思う存分ラブホを楽しんだら、いよいよチェックアウトですね。最後まで気を抜かずにラブホを使うようにしましょう。チェックアウトの時にも気をつけるべきことが何点かあるので、頭に入れておくようにしてくださいね。

バスタオルなどはまとめて一箇所に置くこと

ラブホに限らず、ホテルを利用する時のマナーとして、使用したバスタオルやルームウェアなどは、一箇所にまとめて置いておくようにしましょう。その方が、ホテルの清掃員が気持ち良く掃除ができますからね。

使用したバスタオルなどを乱雑に置いたままラブホを出ると、一緒に来ている女性に「この人、あんまり片付けとか出来ない人なのかな」と思われる可能性もあります。最後まで気を使ってスマートにラブホを利用しましょう。

出したゴミは必ずゴミ箱へ入れるようにする

ラブホを利用するなら当たり前のことですが、ゴミは必ずゴミ箱へ捨てるようにしましょう。特に、体液を拭いたティッシュなどは枕元に放置せず、まとめてゴミ箱へ捨てておくようにしましょう。

たまに「持ち込みをした飲み物のペットボトルなどは、持ち帰った方がいいのでは?」と思う人がいますが、ラブホのゴミ箱へ捨てて帰っても大丈夫です。飲食物の持ち込みを禁止しているラブホは、ほとんど無いので捨てて帰って大丈夫です。

お風呂に張ったお湯は必ず抜いておくこと

これもラブホを利用する時の最低限のマナーになりますが、お風呂に張ったお湯は必ず抜いておくようにしましょう。ラブホの清掃員からすると、知らない他人が入ったお風呂に手を突っ込み、栓を抜くことはかなりの精神的苦痛を伴います。

気持ち良くラブホを利用させてもらうお礼に、そういった最低限のマナーは守るようにして下さいね。そういった小さなマナーを守れる男性は、女性からの印象も良くなります。気を使える紳士を目指して、気をつけるようにしましょう。

時間に余裕を持ってチェックアウトすること

チェックアウトをする時は、時間に余裕を持っておくようにして下さい。ラブホは機械的に精算をするシステムなので、たとえ1分でも時間を過ぎると、自動的に延長料金がかかってしまいます。

わずか1分で延長料金がかかると、少しテンションが下がってしまいますよね。また、延長料金をかけたくないからと言って、慌ててラブホを出るのもカッコが悪いものです。なので、チェックアウトは時間に余裕を持ってするようにしましょう。

関連記事
BRACE
ラブホマニアの僕が教える!今さら聞けないラブホの料金システム
READ MORE >>

部屋を出るときは必ず忘れ物チェックをする

最後に、ラブホを出るときには、必ず忘れ物がないかチェックしましょう。忘れ物が多いものとしては、「時計」「ピアス」「携帯」などがあります。ラブホを出た後に、忘れ物に気がつくと、それもテンションが下がってしまいます。

また、遠出をしてラブホに来ていた場合、取りに戻るのも億劫になりますしね。最後まで、ラブホを良い思い出として残しておけるように、最後の忘れ物チェックはしっかりするようにしてください。

ラブホのマナー⑦:その他の気をつけること

170811brace4

ラブホのマナーを時系列に沿って紹介してきましたが、最後に、紹介しきれなかったマナーを簡単に紹介します。これらも大切なことなので、ラブホに行く前にはしっかりとチェックしておいてくださいね。

テレビはアダルトビデオが流れるので注意

ご存知の方も多いかも知れませんが、ラブホのテレビはアダルトビデオが流れるようになっています。ラブホによっては、テレビの電源を付けた瞬間にアダルトビデオが流れ出す場合もあります。

もし、一緒に来た女性が、そういったビデオに耐性のない人であれば、若干の気まずい雰囲気が流れるかも知れません。そう言った場合でも、焦らずに「ごめん、変なの映っちゃったね(笑)」と軽く流して、チャンネルを変えるようにしましょう。

必要であれば事前に飲み物などを買っておく

ラブホでも飲食物は買うことができますが、若干割高なことが多いです。なので、必要であれば事前に飲み物などを買って、持ち込むようにすると良いでしょう。ラブホに行く途中にコンビニなどを見つけたら、「何か買って行く?」と女性に聞いてあげるといいですね。

ラブホに入って飲み物が欲しくなったら、部屋の冷蔵庫に入っているので、そこから取るようにしましょう。もちろん、「サービスです」などの特別な記載がない限り、料金は別途かかります。食事は、大抵のラブホの場合、内線を使ってフロントへ頼むシステムになっています。

最低限のラブホマナーを守って愛を深めよう

たくさんのラブホでのマナーを紹介したので、「覚えきれない!」と思った人もいるかもしれません。でも、基本的なマナーは、ラブホに限らず普通のホテルと一緒です。また、「一緒に行く女性」と「ラブホの清掃員」に気を使ってあげることを忘れなければ、最低限のマナーはクリアできるはずです。

「正直、ちょっと面倒臭いな」と思うこともあるかもしれません。でも、小さな気遣いを積み重ねることによって、必ず愛は深まっていきます。あまり緊張し過ぎることなく、ぜひラブホを思いっきり楽しんでくださいね。

関連記事①
BRACE
東京都内の面白いラブホ14選!豪華ラブホからハードSMまで超厳選
READ MORE >>
関連記事②
BRACE
大阪府内の面白いラブホ15選!豪華ラブホからハードSMまで超厳選
READ MORE >>

PCMAXを使ってみる

\ユーザー満足度順/
出会えるアプリランキング