CATEGORY
FOLLOW ME
HOMEセックス女をイカせるスローセックスとは?やり方は?【完全マニュアル】
2017.09.17

女をイカせるスローセックスとは?やり方は?【完全マニュアル】


小手先のテクニックに頼って、女性をイカせようとしていませんか?セックスに関するテクニック本を何冊読んでも、女性をイカせることが出来ないのであれば、それ以上、小手先のテクニックを学ぶのはやめましょう。

今回は、女性をイカせるための最終奥義「スローセックス」について解説をしていきます。スローセックスは、小手先のセックステクニックではなく、精神的な面も含め、全てを使って女性を気持ち良くさせるセックスです。

また、スローセックスの効果は女性だけに留まらず、男性にも至高の快感をもたらしてくれます。うまくコツを掴めば、女性同様に、男性だって何度もイクことができるようになります。気持ち良すぎて声が出てしまうという男性もいます。

そんな「スローセックス」、名前だけは聞いたことがある人はいるかもしれませんが、実際にどうやるのかは知らない人が多いのではないでしょうか。そんな人に向けて、この記事ではスローセックスの「効果」や「やり方」について、しっかりとまとめました。ぜひ、これを機会にスローセックスをマスターして、より良いセックスライフを送ってください。

スローセックスとは、どんなセックスなのか

スローセックスは、別名「ポリネシアンセックス」とも呼ばれています。ポリネシアンセックスとは、太平洋にあるポリネシア地方で育まれたセックス技法のことです。ポリネシアンセックスは、男性が射精するよりも、肌の触れ合いや精神的な安らぎに重きを置いたセックスです。

また、スローセックスと言えば、アダム徳永さんという方を聞いたことがありませんか?この人は、スローセックスの方法を書籍にまとめ、日本にスローセックスを広めた人として有名です。アダム徳永さんは、ご自身の著書の中で「セックスは愛を深めるための行為。お互いが気持ち良くなって幸福感に包まれ、精神的なぬくもりを楽しむこと」とスローセックスについて語っています。

つまり、スローセックスとは、単にイクことに拘らず、女性も男性も肉体的・精神的に満足するようなセックスということです。スローセックスと言うと、「ただ時間をかけたセックス」と誤解している人がいますが、女性を精神的にも満足させるためには、相応のテクニックや雰囲気作りをしなければなりません。それらの全てが「スローセックス」なんです。

スローセックスは何がいいの?メリットは?

170520_4_insert

では、スローセックスをするメリットとは、何なのでしょうか。ここでは、実際にスローセックスを試してみた私自身の体験も踏まえて、スローセックスのメリットについて書いていきます。

メリット1:女性がイキやすくなる

まず、スローセックスは女性がイキやすくなります。男性と違い、女性はセックスをしてもイクことができない人が大半です。その理由は、「男性が、女性の好きなセックスを理解していないから」という問題が挙げられます。

では、女性の好きなセックスとは一体何なのでしょうか。それは、「精神的に満足できるセックス」です。男性と違い、女性は肉体的な気持ち良さだけではイクことができません。体が満たされ、そして心が満たされて、女性は初めてイクことができるのです。

よって、肉体的な満足だけでなく、精神的な満足にも重きを置いたスローセックスでは、女性がイキやすくなるのです。実際に、私とスローセックスをした女性は「こんなに簡単にイケるの初めて」と感想を漏らしていました。

メリット2:射精時の快感が長く続く

もちろん、男性側のメリットもあります。通常のセックスでは、男性の快感は射精時にピークがきますよね?そして、射精が終わった後は、倦怠感が押し寄せて動くことすらも嫌になると思います。いわゆる、「賢者タイム」と呼ばれるものですね。

しかし、スローセックスでは射精した後も、快感が持続するんです。射精時の「ドクドク」とした感覚が、いつもより長く味わえます。私は、感覚的に10分ぐらいは持続していたように思います。つまり、オーガズムが10分間も続くという夢のような快感を味わえるわけです。

実は、男性もスローセックスによる精神的な満足感により、通常よりも大きい快感を得られるのです。実際にスローセックスを実践してみると、そのことがよく分かります。「射精して終わり」というセックスが、いかにつまらないものかを理解できるようになりますよ。

メリット3:ED・不感症の改善に役立つ

スローセックスの起源は、「ポリネシアンセックスだった」ということは既に書きましたが、ポリネシアンセックスは元々、ED(勃起不全)や不感症の改善のための行為でした。そのため、ポリネシアンセックスは、中高年カップル(夫婦)の間で、密かに行われていたのです。

時間をかけてセックスをすることで、いつもより感じやすくなるスローセックスは、ED・不感症の改善に最適です。「最近、彼女とエッチしても興奮しない」「最近、彼女が濡れにくくなっている」と悩んでいる人は、スローセックスで改善できるかもしれません。

メリット4:性生活のマンネリ解消に役立つ

セックスのマンネリの原因は、やはり「慣れ」ですよね。二人でベッドに入り、裸になり、前戯をして、挿入をする。これらの行為に慣れてしまって、だんだんと刺激がなくなると、性生活がマンネリしてきます。

スローセックスは、そんなマンネリを解消してくれる効果もあります。後ほど詳しく説明をしますが、スローセックスでは心の満足感を増幅させるために、「挿入をしない日」を設けます。いつもは当たり前のように、挿入をしていた流れを途中で止めるということですね。

こうすることによって、いつもとは違うセックスの流れに、新鮮さを覚えるようになります。また、挿入をしないことによって、性欲は少しずつ溜まっていきますよね。その溜め込んだ性欲を一気に解放することによって、セックスの刺激はいつもの2倍、3倍になるのです。マンネリだったことが信じられないぐらいの刺激を味わうことができますよ。

スローセックスのやり方を徹底解説

170520_3_insert

では、実際にスローセックスとは、どのような方法で行うのかを解説していきます。はじめに言っておきますが、スローセックスは、合計で5日間かけて行うセックスです。パートナーとお互いの体調面も気遣いながらトライしてみてください。

ステップ1:1~4日目はスキンシップのみ、挿入は5日目

最初に言いましたが、スローセックスは合計で5日間かけて行うセックスです。1~4日目までは、お互いの性器を一切触らずに、肌の触れ合いのみを楽しむ時間、そして、5日目に挿入をして実際にセックスをするという流れです。1~4日目までは、いわば「前戯」で、5日目が「本番」と言ったイメージです。

1~4日目までの前戯は、お互い裸になってもOKですが、絶対にお互いの性器を触らないようにしましょう。裸で抱き合ったり、キスをしたり、女性の胸を愛撫したりして、お互いの肌が触れ合う感覚を楽しんでください。性器を触ってはダメですが、女性の耳や首、胸など、性器以外の部分を攻めるのはOKです。性器を触らずに、女性を気持ち良くさせてあげましょう。

また、1~4日目は会話をしっかりと楽しんでください。普段の何気ない会話でもいいですし、セックスに関することでもOKです。加えて、きちんと「愛している」ということを伝えると女性は精神的に満足するので、会話の中に入れるようにしてください。

私の経験上、1、2日程度であれば平気なのですが、3日目以降はかなりムラムラしてきます。しかし、ここでセックスをしてしまっては、スローセックスの本当の気持ち良さを体感することができません。なので、裸で抱き合い、イチャイチャしながらも、セックスは5日目まで絶対に我慢してください。

ステップ2:5日目、セックスに集中できる環境を整える

4日間かけた前戯をしっかり行った後、5日目はいよいよ挿入です。5日目は、ベッドに入る前にセックスに集中できる環境を整えるようにしましょう。これ、かなり重要なんです。せっかく4日間も我慢をしてきて、いよいよセックスだというときに、携帯が鳴ったりしたら、雰囲気は台無しになります。

なので、実際にセックスを行う前には、以下のことを確認するようにしましょう。

  • お互いの携帯電話の電源を切る
  • 行為の直前に、ご飯を食べない
  • ルームフレグランスなどリラックスできる状態を作る
  • ハーブティなど、落ち着く飲み物で軽く水分を取る

ルームフレグランスや、ハーブティはあればでいいので、無い場合は無理に揃えなくてもOKです。ちなみに、「行為の直前に、ご飯を食べない」というのは、スローセックス中に眠たくなったりするのを防ぐためです。また、「グ〜ッ」と胃の消化音が聞こえてきてもセックスに集中できないですしね。

これらの環境をしっかりと整えることができたら、お互い裸になってベッドに入りましょう。照明の明るさや、部屋の温度なども、二人で相談をしながら、適切なところにセットしておくようにしてください。

ステップ3:前戯は1時間以上、触り方・触る順番も大切

ベッドに入ると、4日間も我慢した性欲は爆発寸前になっていることでしょう。しかし、ここで焦ってはダメです。スローセックスでは、前戯も十分な時間をかけて行う必要があります。前戯は最低でも1時間以上はかけて行うようにしてください。

愛撫をするときは、スローセックスの先駆者・アダム徳永さんが提唱する「アダムタッチ」を使いましょう。アダムタッチとは、女性の肌に触れるか触れないかぐらいのところで、撫でるように女性を触るテクニックです。最初は、女性がくすぐったがるかもしれませんが、慣れてくるとだんだんと感じてくるはずです。

また、胸を触るときも、このアダムタッチで円を描くように触ります。この時に、外側から徐々に乳首の方へ、描く円を小さくしていくように触りましょう。ちなみに、乳首は触らない方が、後半戦で女性の感度が上がってきます。もちろん、クリトリスも乱暴に触らないこと。アダムタッチで優しく愛撫してあげると、女性は喜んでくれます。

前戯は、愛撫をする場所の順番にも気をつけましょう。いきなり性器を触ってはダメです。ゆっくりと焦らすように、性器は最後に触りましょう。オススメは、「1.髪の毛を撫でる→2.耳を触る→3.首にキス→4.お尻・脇腹を撫でる→5.胸を愛撫する→6.性器を愛撫する」の順番です。もちろん、これを1時間以上かけて行います。参考にしてみてください。

ステップ4:挿入しても、最低30分は動かないようにする

1時間以上をかけて前戯をしたら、いよいよ挿入です。4日間も射精を我慢しているので、誤って射精しないように気をつけながら、ゆっくりと挿入を行ってください。挿入するスピードも、遅すぎるぐらいゆっくりにしてください。感覚的には、30秒に1センチ進むぐらいのスピードです。

ゆっくりと時間をかけて、奥まで性器が入ったら、すぐには動かないでください。しっかりと奥まで挿入された状態で、「二人が繋がっている感」を楽しむのもスローセックスの特徴の一つです。しっかりと挿入がされた状態で、最低でも30分間は動かずに、お互いの性器が触れている感覚を楽しみましょう。

女性によっては、4日間をかけて溜めた性欲と、挿入前に散々焦らされたことが相まって、入れた瞬間に絶頂に達する人もいます。また、挿入したまま動かない状態でも何度もオーガズムに達してしまう女性もいます。女性にとっては、この瞬間がスローセックスの醍醐味と言えるでしょう。

ちなみに、「挿れたまま30分は動かないこと」と言いましたが、挿れた状態で男性器が萎えてきたら、少し動いてもOKです。そして、また男性器が復活したら、動かないようにします。スローセックスはこれを繰り返し、30分以上の時間が経ったら、ゆっくりと動き、射精へと向かいます。

ステップ5:射精後もすぐに抜かず、余韻を楽しむ

そして、いよいよ最後です。スローセックスでは、射精が終わっても、すぐに抜かずに挿れたまま、しばらく時間を過ごしましょう。4日間もかけて溜めた性欲のおかげで、この状態のときにすら絶頂に達してしまう女性もいます。

また、実際にスローセックスを体験してもらうと分かるのですが、スローセックスでは男性の「イク」感覚が長く持続します。通常であれば、射精後はすぐに萎えてしまうと思うのですが、スローセックスでは射精後も気持ち良い状態が続くのです。

なので、その気持ち良い感覚を味わうためにも、射精後はすぐに抜かず、余韻を楽しむようにしましょう。いつもと違ったセックスの感覚に驚きと興奮を覚えるはずです。

女の子に聞いてみた!スローセックス体験談

170521_5_insert

最後に、スローセックスを体験してもらった女の子に感想を聞いてみました。赤裸々にスローセックスの体験を語ってもらったので、参考にしてみてください。

体験談1:感度が5倍ぐらいになった感覚

今までセックスでイクことができなかったんですけど、スローセックスでは前戯でクリトリスを触られた時にイクことができました。やっぱり、散々焦らされたこともあって、触られた瞬間に頭が真っ白になって、イっちゃいました・・・。

26歳、女性、看護師

ーースローセックスの一番のポイントは、「焦らされる」ということでしょう。それも、ただ単に焦らされるわけではなく、数日かけて愛情を注ぎながら焦らされることで、心も体もセックスに向かうことができるのですね。ちなみに、この女性は「スローセックスに、はまってしまいそう」とのことです。

体験談2:彼氏が感じすぎて・・・

私自身もスローセックスで、いつも以上に感じることができたんですけど、それ以上に彼氏が敏感になってしまって。5日目に、前戯で彼氏のものを口に咥えた瞬間、気持ち良かったのか、彼氏が変な声を出していました(笑)。

29歳、女性、秘書

ーースローセックスの良い点は、男性主導でも、女性主導でもない点だと思います。気持ち良いセックスをカップル二人で作り上げることによって、男性も女性も満足できるセックスになります。彼氏は変な声が出て、恥ずかしかったかもしれませんね。でも、声が出てしまう気持ちはすごく分かります・・・。

体験談3:初めて「中イキ」を体験できた

今まで、セックス自体は気持ち良かったんですけど、挿れられているときにイクことができなくて・・・。でも、スローセックスをやってみると、奥を突かれた瞬間、ジワっと気持ち良さが押し寄せてきて、何度もイクことができました。

22歳、女性、フリーター

ーースローセックスを実践してみて、一番多い女性の感想は「初めて中イキできた」というもの。女性がセックスでイクためには、いかに気持ちの面でのケアが大切か分かりますね。「彼女を中イキさせたい」と思っている人は、ぜひスローセックスを試してみてください。

ちなみに、「セックスする相手がいないよ…」と悩んでいる人は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事
BRACE
寂しい…彼女が欲しい…そんな男が彼女を作るのに必要な心得5つ
READ MORE >>

まとめ:自分たちのペースでスローセックスをしてみよう

スローセックスについて、一から丁寧に解説をしてきましたが、スローセックスに興味は湧きましたか?「彼女をイカせてみたい」「もっと気持ちの良いセックスをしたい」「二人の愛を深めたい」など、理由は何でもOKですので、一度スローセックスを試してみてください。きっと、あまりの快感に抜け出せなくなりますよ。

この記事の中で、「スローセックスは5日間かけて行いましょう」と紹介しましたが、「そんなにじっくり時間取れないよ」という人もいるかと思います。特に、彼女と同棲でもしていなければ、何日もかけて毎晩、前戯をすることは難しいですよね。

5日間も続けて行うのは難しいというカップルは、2~3日でもOKです。「最初の数日を前戯に使って、二人の愛情・性欲を高めたところで、セックスをする」という流れさえ守ってもらえれば、期間は多少短くても、効果を実感できます。ただし、セックスを行う日の前戯の時間や、挿入の時間はしっかりと守るようにしてくださいね。

最初のうちは、型を守ることが大切ですが、スローセックスの本質は「愛情を深めながら性欲を溜め、気持ちの良いセックスをする」という過程にあります。どうすれば一番良いセックスが出来るかを、パートナーとしっかり話し合いながら、自分たちにベストなスローセックスの型を探してみてください。

より良いセックスをするためにパートナーと話し合える関係を築くことができれば、きっと二人の関係も長く続くと思います。やっぱりカップルにとって、セックスは切り離せないものですからね。この記事が、あなた方カップルのより良い性生活の手助けとなれば幸いです。

PCMAXを使ってみる

\ユーザー満足度順/
出会えるアプリランキング