CATEGORY
FOLLOW ME
HOMEセックスブサメンな僕でも成功した!女友達を超簡単にセフレにする方法
更新日:2017.07.31

ブサメンな僕でも成功した!女友達を超簡単にセフレにする方法


かつて、僕はセフレが欲しくてたまりませんでした。面倒なことは一切なしで、お互いの性欲を満たすための存在であるセフレ。そんな夢のような女性が本当に存在するのであれば、何としてでも手に入れたい、そう思っていました。

しかし、僕自身はイケメンでもなく、彼女を作るのにも一苦労するような男でした。「そんな男に果たしてセフレなんて出来るのであろうか」と頭を抱えていました。そして、試行錯誤を繰り返した結果、ついに僕はセフレを手に入れることが出来たのです。

一度セフレを手に入れてからというもの、コツを掴んだ僕は次々にセフレをゲットしていきました。合コン、ナンパ、出会い系サイト、そして、女友達。あらゆるところで出会った女性をセフレにすることに、何度も何度も成功したのです。

「セフレが欲しい」男なら誰もが夢見ることですよね。おそらく、これを読んでいるあなたもセフレが欲しいと思っているのではないでしょうか。今回は、そんな僕のノウハウを使って、「女友達」をセフレにする方法をまとめました。

「女友達なんて、どうやってセフレにするの?」「実はセフレにしたい女友達がいる!」そんな悩みを持っている人は、ぜひ記事を最後まで読んでみてください。そして、ここに書かれている方法を実践すれば、簡単に女友達をセフレにすることができますよ。

セフレにしやすい女友達の特徴はコレ!

170705brace2

最初に言っておきますが、全ての女友達をセフレに出来るような万能な方法は、この世に存在しません。また、「セフレになりやすい女性」「セフレになりにくい女性」というのも存在します。もし、簡単に女友達をセフレにしたいと思うのであれば、「セフレになりやすい女性」を狙うようにしましょう。

「でも、セフレになりやすい女性って、どうやって見極めるの?」と思っている人のために、まずは「セフレになりやすい女性の特徴」を解説します。手っ取り早く女友達をセフレにしたいのであれば、必ず最初にターゲットを絞るようにしてください。

お酒が大好きな寂しがり屋の女友達

まず「お酒が好き」な女性は、非常にセフレにしやすいのです。女友達と最初にセックスに持ち込む際、一番の障壁となるのは「理性」です。女性は、「軽い女だと思われたくない」「付き合ってもないのにエッチして良いのだろうか」という理性が働くと、なかなかセックスをさせてくれません。

そんな理性を取っ払うためには、お酒の力を借りるのが手っ取り早いのです。酔っ払ってしまえば、欲望がむき出しになり、理性が働きにくくなります。お酒が好きな女性とは、そんな「お互いが酔っ払っている状況」を作りやすいのです。

また、お酒が好きな女性は「寂しがり屋」な人が多いです。寂しい想いを埋めるために、お酒を手にしてしまうわけですね。そして、その寂しさを埋めるために、男にも抱かれやすい傾向があるのです。このような女性はセフレにしやすいと言うことです。

口が固い落ち着いた雰囲気のある女友達

二つ目の特徴は、「口が固い落ち着いた女性」です。少し意外に思う人もいるかもしれませんね。世間一般的に、セフレにしやすい女性というのは、クラブ通いをしているような軽い女性か、メンヘラのような情緒不安定な女性である、と思われていますよね。

確かに、そのイメージ自体は間違っていないのですが、ポイントは「女友達」をセフレにする場合、という点です。女友達ということは、その女性を含めたコミュニティーが存在するはずです。もし、噂好きの口の軽い女性をセフレ化しようとした場合、下手をすると友達関係が丸ごと崩れてしまう可能性があります。

これを防ぐためには、セフレのターゲットを口の固い女友達に絞る必要があります。たとえセフレ化に成功しても、友達関係を崩されてしまっては意味がないですからね。面倒なことになりたくなければ、セフレは「口の固い女性」を選ぶようにしましょう。

長年付き合っている彼氏がいる女友達

最後のポイントは、「長年付き合っている彼氏がいる女友達」を狙うということです。その女友達と「付き合いたい」のではなく、「セフレになりたい」のであれば、お互いの恋愛感情はできるだけ排除しておくべきです。本当に「体だけ」の関係を目指すということですね。

そのためには、女友達に彼氏がいた方が好都合です。特に、長年付き合っている彼氏がいる女性であれば、そう簡単にセフレに恋愛感情を持ち込むことはありません。セフレになったは良いものの、「私と付き合って欲しい」なんて面倒なことを言われないためにも、彼氏持ちの女友達を狙うようにしましょう。

女友達をセフレにする超具体的なステップ

170505_7_insert

それでは、「セフレになりやすい」女友達にターゲットを絞った上で、具体的にどうやってセフレにしていくのか、を説明していきます。もちろん、この方法は高い確率で成功しますが、百発百中ではありません。でも、チャレンジすることを恐れないでください。

女友達をセフレにする方法と合わせて、「失敗したときの対処法」も合わせて紹介します。たとえ、セフレ化に失敗しても、その女性との友達関係や、その周りとの友達関係が崩れないための方法も書いたので、ぜひ参考にして、女友達のセフレ化に果敢に挑戦してください。

ステップ1:まず仲良くなることは必須

まず、女友達をセフレにするためには、その女友達と仲良くなることは必須です。最低でも、二人で遊びに行ったり、飲みに出かけられるぐらいの仲にまではなりましょう。ただし、目的はセフレにすることなので、相手に好きになってもらう必要はありません。

なので、メールを頻繁にしたりだとか、面倒なことは一切なくても大丈夫です。女性と仲を深めるためのコツは、色々な相談をし合えるようになることです。恋愛や学校のこと、そして仕事のことなど、色々な悩みを共有して「友達として」仲良くなりましょう。

ステップ2:二人きりで飲みに行こう

女友達と仲良くなったら、二人きりで飲みに誘いましょう。上でも説明しましたが、女友達と最初にセックスをするには、お酒の力を借りるのが一番手っ取り早いのです。なので、「エッチに誘う」と決めた日は、二人きりで飲みに出かけましょう。

あくまで「友達として」飲みに誘うので、特に深く考えずに飲みに誘えばOKです。「たまには飲みながら話そう」「恋愛相談を聞いて欲しい」「ちょっと飲みたい気分だから付き合って」など、適当な理由をつけて誘いましょう。友達同士なので、断られてもダメージは少ないはずです。積極的に誘ってみることが、セフレ化の第一歩です。

ステップ3:恋愛トークからエロトークへ

そして、ここからが「女友達をセフレにする」ための大事なステップです。二人きりで飲みに行き、お酒が進んできたところで、恋愛トークを始めましょう。「今の彼氏と上手くいってるの?」「過去に付き合った人って、どんな人?」など、ここは重要な部分ではないので適当で大丈夫です。

そして、恋愛トークから徐々にエロトークに持ち込みます。「経験人数って何人?」「付き合ってない人とヤったことある?」「今まで変わったエッチしたことある?」など、エロ系の話を振っていきます。

エロトークをすることで、お酒が入っていることも相まって、女性は徐々にエロいスイッチが入っていきます。さらに、事前にエロいトークをしておくことで、飲みが終わってから、エッチに誘うときも「エッチしよう」と切り出しやすくなる効果が生まれるのです。

ステップ4:エッチはサラッと誘うこと

そして、チャンスを見計らってエッチに誘ってみましょう。例えば、エロトークが盛り上がっている時に、「俺とエッチできる?(笑)」と聞いてみたり、一軒目が終わり「この後、どうする?二軒目に行く?」みたいな話になった時に、「ホテルでも行くか(笑)」と言ったように、ジャブを入れてみましょう。

強引に行くのであれば、「終電を無くす」というのもパターンの一つです。終電を無くしてしまい、仕方なくホテルに泊まることになった、というシチュエーションを作ってあげれば、女性も誘いに乗りやすいですからね。

この時に大切なのは、「サラっと誘うこと」です。真剣に「ホテルに行かない?」なんて誘うと、もし女性にその気がない場合、取り返しのつかないことになります。あくまで「友達関係」ですからね。なので、最初は冗談っぽく誘ってみるようにしましょう。

もし、女性の反応が悪くないようであれば、そのままエッチに持ち込みましょう。もし、女性から「する訳ないじゃん!」と断られたら、「冗談に決まってるでしょ」と笑いながら切り返せばOKです。これで、友達関係が崩れることは無くなりますし、周囲に悪い噂を立てられることもありません。

ステップ5:ヤッた後のアフターフォロー

そして、念願の初エッチが叶ったとしても、油断してはいけません。「女友達をセフレにする」ということと、「女友達とワンナイトを過ごす」ということでは、意味が全く違います。これからもセックスを続けていく仲になるには、ここからも大切なポイントです。

おそらく、女友達と初エッチをしたら若干気まずい雰囲気になると思います。特に女性の方は「あー、ヤッちゃったなぁ」と少し凹んでいるかもしれません。そんな雰囲気でも臆さずに、ベッドの中では恋人のように接してあげましょう。

そうすることで、女性にセックスをした後悔を忘れさせるのです。そして、女性を精神的に満足させることで、「この人とのエッチも悪くないかも」と思わせます。ただし、「好き」などの言葉は使わないようにしましょう。そこは、あくまで「セフレ」の線引きをしておかないと、後々面倒なことになります。

ステップ6:二回目のエッチは間を置かない

初エッチが終わった後は、間を置かずに二人で会いましょう。初エッチが終わって、少し時間が空いてしまうと、お互い冷静になってしまい、下手するとセフレにもなれず、友達関係も壊れるという事態に陥ってしまいます。

なので、女友達と一回目のエッチをした後は、すぐに次の約束をして二人きりで会うようにします。もちろん、誘うときはエッチの話などせずに、あくまで今まで通りの友達として誘うようにします。そして、同じように再度エッチに持ち込むことができればセフレ化は完了です。

女友達をセフレにするメリット・デメリット

20170412_4_thumb

女友達をセフレにしたいと思っている人は、大体のイメージを掴むことができたでしょうか?上で紹介したような方法であれば、もし仮にエッチの誘いを断られたとしても、気まずくなることはないので、まさにノーリスクハイリターンです。

今まで、私は何人もの女友達をセフレにしてきましたが、女友達をセフレにすると、たくさんのメリットがあります。一方で、女友達をセフレにするデメリットも幾つか感じました。最後に、そのあたりのことを解説しようと思います。

メリット1:普段のエッチよりも興奮できる

女友達とのセックスは、普段のセックス以上の興奮が味わえます。今まで友達として接してきた女性が、「いつもとは違う顔をベッドの中で見せている…」そのことだけでも興奮しませんか?正直言って、この興奮は他のエッチでは得ることができません。

どんな女性もベッドの中でしか見せない顔があります。普段は澄ましている女友達も、普段はニコニコとしている女友達も、ベッドの中では違った顔があります。その違った顔を見れることは、女友達をセフレにする最大のメリットになるのではないでしょうか。

メリット2:真に「何でも言い合える仲」になれる

よく「なんでも言い合える友達」なんて言いますよね。でも、それって本当に何でも言い合える友達ですか?親友のように仲の良い女友達にも話せないことってあるのではないでしょうか。しかし、女友達のセフレは違います。まさに「なんでも言い合える仲」になることができます。

普通の友達のように、恋愛相談や仕事の相談、学校の相談なんかもできますし、セックスの相談だって出来ます。一線を超えた以上、二人の間に恥じらいは存在しませんし、隠し事も存在しなくなります。また、恋人には話せないこともセフレになら話すことができます。女友達のセフレは、良き理解者となってくれるのです。

メリット3:お金のかからないセフレになる

普通であればセフレの維持には、お金がかかります。女性の考えるセフレとは、「セックスだけすれば良い関係」ではありません。ときにはご飯をご馳走してあげたり、ときには誕生日プレゼントを求める女性もいます。女性は、「寂しさの埋め合わせ」のためにセフレを求めるのです。

よって、セフレであっても「女の子扱い」をしてあげなければいけない以上、それを維持するためのお金がかかるのです。しかし、女友達のセフレであれば、「友達」という関係上、立場は同等です。ご飯を全部おごってあげる必要もありません。なので、女友達のセフレはコスパで言えば、抜群に良いのです。

デメリット1:周囲にバレると面倒なことになる

もちろん、女友達のセフレはメリットばかりではありません。まず、女友達をセフレにするデメリットとしてあげられるのが、「周囲にバレると面倒なことになる」ということです。元々、友達関係であった以上、周囲にもバレやすくなります。

中には「別にセフレ関係がバレても問題ない」という人もいるかもしれませんが、セフレ関係が絶対にバレたくない人は慎重に行動をしましょう。また、セフレにする相手も出来るだけ口の堅そうな女性を選ぶようにしなければなりません。

デメリット2:友達関係が壊れることは覚悟しよう

もし、セフレにしたいと思っている女友達が、あなたにとってかけがえのない存在であるのであれば、友達関係が壊れてしまうことを覚悟しなければなりません。セックスをするということは、女性から好意を向けられる可能性が大いにあるからです。

セフレにした後に、女性から「好きになったから付き合って欲しい」と言われれば、揉めることは避けられません。最悪の場合、完全に関係が壊れてしまって大切な友人を失ってしまう可能性もあります。そのデメリットも勘案した上で、セフレにするかどうかを決めるようにしましょう。

デメリット3:彼女が出来にくくなるリスクあり

女友達をセフレにするということは、その女友達の周りで恋愛をしにくくなるということを覚悟しておきましょう。もし、あなたに彼女がいないのであれば、今後、セフレと共通の女友達を彼女にすることは難しくなります。

もし、女友達のセフレと共通の知り合いに手を出せば、きっと大きな揉め事になるでしょう。それを避けるためには、セフレになった女友達の周囲では恋愛をしないことです。そうなると、彼女候補がグッと減ってしまうことになります。

女友達をセフレにするならリスクも考えておこう

女友達をセフレにする方法を紹介しましたが、いかがでしたか?記事の中でも書いたように、女友達をセフレにしようとチャレンジすること自体は、正直言ってノーリスクだと思っています。なので、本気でセフレが欲しいと思うのであれば、ぜひ挑戦してみてください。

ただし、女友達をセフレにするには、それなりの代償を払わなければいけないことも理解しておきましょう。確かに、女友達がセフレになれば、メリットは大きいですが、その分、デメリットもあります。記事の中で書いたメリット・デメリットを十分に理解した上で、女友達をセフレにするかどうかを決めてみてください。

PCMAXを使ってみる

\ユーザー満足度順/
出会えるアプリランキング