CATEGORY
FOLLOW ME
HOMEメンズファッション男ならワイルドに決めろ!サングラスの選び方とメンズコーデ10選
更新日:2017.12.19

男ならワイルドに決めろ!サングラスの選び方とメンズコーデ10選


「サングラスの似合うワイルドな男になりたい」、そう思ったことってありませんか?サングラスの似合う外人を見ると、「俺もサングラスかけようかな」と考えちゃいますよね。また、日差しの強い日に、海やBBQに出かけるとき、サングラスひとつあれば、オシャレ度も一気にアップします。

でも、いざサングラスを買いに行くと、自分が思ってたイメージと違ったり、思いのほかサングラスが似合わないことにガッカリした経験って誰もがあると思います。その原因のほとんどは、「あなたに似合わないサングラスをかけてしまった」ことと、「サングラスの似合うコーデをしていなかった」ことにあります。

今回は、「誰でも出来る自分に似合うサングラスの選び方」と「サングラスが似合うメンズコーデ」を紹介します。これからの日差しが強い季節に向けて、サングラスを新しく買おうと思っている方は必見ですよ。

基礎編:サングラスが似合わない3大要因&対策

まず最初に、サングラスが似合わない原因とその対策について紹介します。ちなみに、外人でサングラスが似合わない人って見たことがないと思います。つまり、サングラスが似合わない原因は、日本人特有の顔の作りにあることが多いのです。

要因1:彫りが浅く、目と眉毛が離れている

170613_2_brace

日本人の多くは、顔の彫りが浅く、目と眉毛が離れています。これがサングラスの似合わない原因を作っています。上の写真から見て分かるように、目と眉毛が離れていることによって、サングラスの上から大きく眉毛がはみ出していると、少し気の抜けた印象になってしまいます。これでは、ワイルドな印象を与えることができません。

選び方のポイント①

顔の彫りが浅く、目と眉毛が離れている人(特に一重まぶたの人)は、フレームの大きなサングラスを選ぶように心がけましょう。フレームの大きなサングラスは、目と眉毛の距離をカバーしてくれます。眉毛は完全に隠れなくてもいいので、サングラスの上フレームが、少し眉毛にかかるぐらいのサングラスを選んでみましょう。

要因2:鼻が低く、サングラスがずり落ちる

170613_3_brace

日本人に多い顔の特徴である「鼻の低さ」もサングラスを似合わなくしている原因の一つです。自分の鼻の高さに合っていないサングラスを掛けると、サングラスがずり落ちて、少しマヌケな印象になってしまいます。また、サングラスがずり落ちることは、「要因1」でも解説したように、サングラスの上から眉毛が覗いてしまう原因にもなります。

選び方のポイント②

鼻が低いためにサングラスが似合わない人は、鼻元の支えが高くなっているサングラスを選ぶようにしましょう。また、別売りで「鼻パッド」と呼ばれる、メガネのずり落ち防止アイテムも市販されているので、そういったものを使ってみるのも良いでしょう(Amazonで「鼻パッド」を見る)。

要因3:サングラスに合わないコーデをしている

170613_5_brace

服のコーディネートと掛けているサングラスが合っていないことも、サングラスを似合わなくさせている原因になります。一言で「サングラス」と言っても、サングラスには、様々なフレームの形や色があります。サングラスと服装を、別々に考えてコーディネートを決める人がいますが、服装に合わせたサングラスを選ぶことも大切です。

選び方のポイント③

服装の系統(キレイめ、カジュアルなど)に合わせて、サングラスを選ぶようにしましょう。また、サングラスをかけると決めた日は、服装のコーディネートと一緒にサングラスを選ぶようにしてください。いろいろなパターンのサングラスコーデを、後ほど紹介しているので、参考にしてみてください。

応用編:サングラスの似合うメンズコーデ10選

それでは本題の「サングラスに似合うメンズコーデ」を紹介していきます。先ほど「要因3」でも挙げたように、服装とサングラスは、セットでコーディネートをするようにしましょう。今回は、サングラスに合うイケてるコーデばかりを厳選したので、ぜひ参考にしてみてください。

1.「やり過ぎない街中カジュアル」

170613_7_brace

普段私服で出かけることが多い社会人や大学生が参考にしたコーディネート。サングラスは主張が強いアイテムなので、街中スタイルと合わせるときは、いかに自然に身につけられるかがポイントです。

白Tシャツとデニムに、大きすぎないサングラスがキレイにマッチしていますね。また、目立つ黄色のスニーカーを合わせることで、サングラスの主張の強さを見事に緩和しているファッションです。サングラスをつけるときは、他に目立つ色のアクセントを持ってくるとバランスが良くなりますね。

2.「白ベースとサングラスで白黒コーデ」

170613_8_brace

白のニット帽に白のTシャツ、白のスニーカーと白色をベースにしたファッションのアクセントとして黒のサングラスを合わせるコーディネート。サングラスがワンポイントで効いているので、白色のしつこさが一気に消えますね。

また、カジュアルなデニムを合わせることで、「やり過ぎ感」が無くなります。個性を出しつつも、自然なオシャレを演出したい人は参考にしたいファッションですね。

3.「やんちゃな大人カジュアルスタイル」

170613_9_brace

キャップとサングラスを合わせることで、少しヤンチャな印象を与えることができます。加えて、白のサンダルをアクセントとして用いることで、逆さに被った帽子と合わさって、無邪気さを一層引き立てています。

また、キャップやサンダルなどで、子供っぽさが出ないようにするために、全体を抑えた色でまとめている点も参考にしたいですね。まさに「子供心を忘れない大人ファッション」という感じです。

4.「夏向け爽やかスタイル」

170613_10_brace

暑い夏のプライベートファッションとして参考にしたいコーディネート。全体を明度の低い色でまとめることで、黒いサングラスのオシャレ感が増していますね。また、黒のスニーカーを合わせることで、黒のサングラスが目立ち過ぎることなく、全体のバランスも良くなっています。

さらに、柄の入ったシャツを羽織ることで、個性を出しており、普通過ぎないファッションになっています。半袖とハーフパンツを合わせることで、暑い夏にも対応できる涼しげな服装ですね。

5.「ダメージジーンズでワイルドスタイル」

170613_11_brace

ダメージジーンズとサングラスを合わせることで、ワイルドな男らしいコーディネートになります。穴の大きいジーンズを履くのは、初心者にとってハードルが高いかもしれませんが、写真くらいのダメージなら誰でも自然に着こなすことができますね。

また、黒のTシャツを合わせることで、落ち着いた大人ファッションにまとめている一方で、ピンクをTシャツの裾から少し覗かせることで、お茶目さも演出しています。このように、可愛らしい色をワンポイントで使うことによって、全体の印象もグッと変わりますね。

6.「クールな大人カジュアルスタイル」

170613_13_brace

薄い青色のシャツとサングラスを合わせることで、海の似合う大人カジュアルを演出。全体を青色系統のアイテムでまとめ、サングラスを合わせることで、夏を連想させる涼しいコーディネートが出来上がります。

また、白のスリッポンをくるぶしを出して履くことで、クールな大人っぽいファッションになりますね。サングラスは、ワイルドさを演出できるアイテムなので、他の箇所を少し崩してあげることで、全体のバランスが良くなります。

7.「全体をダークにまとめる渋めスタイル」

170613_15_brace

全体をダークな色でまとめたコーディネート。黒いサングラスが自然にマッチしていますね。また、黒のキャップ+黒のサングラスで、暗すぎる印象になりそうですが、グレーのフードをのぞかせることで、キレイに色のバランスを保っています。

加えて、大きめのジャケットにスキニーパンツを合わせることで、シルエットのバランスも完璧に取れていますね。さらに、白のスニーカーで全体の色合いを整えながら、迷彩柄をうまく馴染ませています。ぜひファッションとして参考にしたいコーディネートです。

8.「カラーニット帽でビビッドスタイル」

170613_18_brace

サングラスで大人の渋さを出しつつ、カラーニット帽でビビッドさも演出しているコーディネート。サングラスをかけることで、落ち着いた雰囲気になりそうなところを、カラーニット帽を合わせ、ハツラツとしたオシャレをも出せています。

30代の男性で、「大人のファッションを取り入れつつも、老けたファッションはしたくない」という人は参考にしたいコーディネートですね。ただし、ビビッドなカラーは主張が強いので、ワンポイントで取り入れるようにしましょう。

9.「大きめTシャツでゆるカジュアル」

170613_19_brace

サングラスと大きめのゆるいカジュアルTシャツを合わせたコーディネート。コーデが難しいミラーサングラスも、ゆるファッションと合わせれば、自然に着こなせますね。また、白のサンダルが爽やかさを上手くアップさせています。

大きめのTシャツを着るときは、少しタイトなパンツを合わせると全体のバランスが良くなります。また、ミラーサングラスをかけるときは、柄の少ないTシャツを着ると上手くコーディネートできるので、参考にしてください。

10.「BBQにピッタリなラフスタイル」

170613_20_brace

「Tシャツ」「半パン」「サンダル」というラフスタイルにサングラスを合わせたコーディネート。思い切って全体をシンプルにまとめることによって、クールな大人の男を演出できていますね。

海で遊ぶ時やBBQをする時などに参考にしたいコーディネートです。また、キャップがサングラスの強い主張を緩和しており、全体のバランスが良くなっていますね。キャップでもニット帽でも、帽子はサングラスとの相性が抜群なので、ぜひ試してみてください。

まとめ:似合うサングラスとオシャレなコーデでキメよう

サングラスを選ぶポイントとサングラスを使ったコーデを紹介しましたが、いかがでしたか?サングラスは、暑い季節に必須のアイテムですよね。ぜひお気に入りのサングラスをひとつ見つけて、暑い季節をオシャレに乗り切ってください。

また、サングラスをかけると、ファッションにインパクトが生まれます。「今日のコーデ、なんか物足りないな」と感じたときに、お気に入りのサングラスがあれば、簡単にオシャレになれますよ。ぜひ、この記事を参考に、自分に合ったサングラスを見つけてください。

ペアーズを使ってみる

\ユーザー満足度順/
マッチングアプリランキング