CATEGORY
FOLLOW ME
HOMEデートコミュ障必見!モテ男が教える初デートで盛り上がる会話ネタ10選
更新日:2017.05.24

コミュ障必見!モテ男が教える初デートで盛り上がる会話ネタ10選


The following two tabs change content below.
BRACE編集部

BRACE編集部

モテるために努力している男性を応援しています!分かりやすく正しい情報を発信してきます。

「好きな人とデートをしても沈黙が続いてしまう」「沈黙にならないように頑張って喋るけど、トークはいつも空回り」そんな悩みを抱えていませんか?デートで沈黙が続く状況って、想像しただけでも辛いものがありますよね。

私もかつては、コミュニケーション能力が低く、初めてデートに行っても、女性を楽しませてあげることができずに、なかなか好きな女性を口説き落とすことができませんでした。でも、そんな私でも、あるたったひとつのことをするだけで、女性との会話が盛り上がるようになりました。

そのたったひとつのこととは、「会話のネタを準備しておくこと」です。「なんだそんなことか」と思うかもしれませんが、デートで会話が止まってしまう原因の全ては、会話のネタ不足です。つまり、会話のネタ不足さえ解消できれば、どんな人でも女性との会話を盛り上げることができます。

長い付き合いがあって、お互いのことをよく知っている女性とのデートでは、会話が詰まることはないかもしれません。なので、今回は初めてデートに行く女性との会話を想定して、私がいつも使っている会話のネタを紹介しようと思います。

近いうちに女性と「初デート」に行く予定がある人は、これから紹介する会話ネタをチェックしてください。特に、自分はコミュ障だという自覚がある人は、「会話のネタを準備しておく」だけで、初デートがうまくいくようになりますよ。

はじめに:初デートは相手のことをよく知ることが大切

170522_1_thumb

本題に入る前に、初デートの目的をしっかりと定めておきましょう。もちろん、初デートでは自分をアピールして、女性に気に入ってもらうことが大切です。しかし、初デートでは、それ以上に大切なことがあります。

それは、「相手のことをよく知る」ということです。初デートをする際、多くの場合、お互いのことをよく知らない状態だと思います。相手のことをよく知らないということは、それだけ心理的な距離があるということです。

なので、初デートでは相手のことをよく知る努力をしましょう。相手のことを知ることができれば、自然と相手が喜ぶことも分かってくるようになります。つまり、相手を深く知れば、相手を楽しませるエスコートができるようになるということです。

このことからも、初デートでは「会話を続けなければ」と焦って、自分のことばかりを話すのではなく、相手に話をさせることに重点を置きましょう。相手に話をさせることができれば、自分が話をしなくてもいいので、デートがグッと楽にもなります。

このことをしっかりと理解した上で、早速、初デートで使える会話ネタを紹介していきます。これらの会話ネタは、どんな女性にも使えるネタなので、一度頭に入れておくと、初デートでの会話がスムーズにできるようになりますよ。

1.「出身地、住んでいる場所」を会話のネタにする

「地元はどこなの?」「今はどのあたりに住んでるの?」と出身地、住んでいる場所に対する質問を会話のネタとして持っておきましょう。もし、出身地や住んでいる場所が近ければ、盛り上がること間違いなしの会話ネタです。

また、この話題は、特に地方から都会へ来ている女性に有効です。地方出身者の多くは、強い地元愛を持っている傾向があるので、あなたが興味を持って、相手の地元の話を聞いてあげると、きっとその女性は熱心に話をしてくれるはずです。

この「出身地・居住地」に関する話題は、「地元の名物」「その地域の県民性」など、いろいろな会話に広げていきやすい話題です。お互いが緊張しているデートの序盤などに、このような会話が広がりやすいネタを振ると、少しリラックスできるでしょう。

2.「趣味、休日の過ごし方」を会話のネタにする

「どんなことが趣味なの?」「休日は何して過ごしているの?」という趣味に関する会話は、初デートでは絶対にするようにしましょう。相手の好きなことを把握しておくことは、二人の心の距離を近づけるためにもとても重要です。

相手の趣味を把握しておけば、次のデートに誘うためのネタになるかもしれません。例えば、美術鑑賞が趣味なら「じゃあ、今度〇〇美術館に行こうよ。一回行ってみたかったんだ」と誘えば、断れられることは少ないでしょう。

また、共通の趣味が見つかれば、それだけで二人の距離はグッと近くなります。共通の趣味さえあれば、絶対に会話に困るようなことはないですしね。これだけでも、相手の趣味を聞く大切さが理解できるかと思います。

3.「好きな食べもの」を会話のネタにする

「どんな食べものが好きなの?」なんて会話もネタとして持っておきましょう。会話としてはありきたりかもしれませんが、「好きな食べものはない」という女の子はいないので、盛り上がる会話にはなるでしょう。

また、例えば「パスタが好き」という女の子がいれば、後日、美味しいパスタ屋さんを探し、次のデートを誘う口実にもなります。自分もパスタが好きなのであれば、その場で「パスタが美味しいお店」の話をすることもできます。

加えて、「好きな食べもの」の話から、「普段は料理するの?」「どっか美味しいお店知ってる?」など、会話を広げることも可能です。食べものの話は、万人に使えるので頭に入れておくようにしましょう。

4.「好きな異性のタイプ」を会話のネタにする

「どんな男性がタイプ?」と恋愛系の話題も会話のネタになります。恋バナが好きな女性だと、とても盛り上がる話題ですね。また、「芸能人だと、どんな顔が好きなの?」と聞くと、女性はより答えやすくなります。

もし、女性のタイプがあなたと正反対でも落ち込む必要はありません。「理想の男性像」と「実際に付き合った彼氏」は、かけ離れていることが多いですからね。「じゃあ、俺は全然タイプじゃないんだね(笑)」とお茶目に切り返して、会話を盛り上げましょう。

ただし、逆に女性から好きなタイプを尋ねられた場合は、デートをしている女性に沿ってタイプを答えましょう。例えば、デートの相手が口数の少ない女性なら、答え方は「落ち着いた女性がタイプです」と言った具合ですね。

5.「好きな本、漫画、映画」を会話のネタにする

好きなものシリーズとして、「本、漫画、映画」などの好みを尋ねて、会話のネタにするのもOKです。漫画や映画などは、人によって本当に好みが分かれます。恋愛系が好きな人もいれば、ファンタジー系が好きな人もいるでしょう。

もし、「本、漫画、映画」などの好みが一緒であれば、その後の会話は盛り上がること間違いなしですよね。お互いの好きなことで共感できれば、心の距離も近くなるので初デートとしては大成功です。

また、もし好みが違ったとしても、「どんなところが面白いの?」と興味を持って聞いてみましょう。相手は自分の好きなことなので、たくさん話をしてくれるはずです。後日、相手が好きと言っていたものをチェックして、「前に話した〇〇見たよ」とメールをするきっかけにすると良いでしょう。

6.「相手の服装」を会話のネタにする

もし、デートに来た相手がいつもと違う雰囲気の服装をしていたら、デートのために頑張って選んだ服である可能性が高いので、しっかりと褒めて会話のネタにしましょう。ファッションを褒められて嬉しくない女性はいないので、恥ずかしがらずに話題に出しましょう。

また、普段は職場でしか会わない人だと、私服を見る機会がないと思います。そんな時は、「私服だと雰囲気違うね。可愛くてビックリした」と伝えると女性も喜んでくれるはずです。

相手の服装を褒める時のポイントは「恥ずかしがらないこと」です。女性に「キレイだよ」と伝えるのは、慣れていないと難しいかも知れませんが、言われた女性は必ず喜んでくれます。照れたりせずにサラッと伝えるとスマートですよ。

7.「家族のこと」を会話のネタにする

相手の家族構成などを会話のネタにしてもOKです。特に、「兄弟はいるの?」と兄弟ネタを振ると、「兄弟の中で何番目?」「小さい時はどんな子だったの?」など、相手の生い立ちなどの話に広げることができるのでオススメです。

また、「末っ子なんだ!意外だね、しっかりしてるから長女かと思った」と相手を褒めるような会話をすると女性も喜んでくれるはずです。「お兄ちゃんがいそうだね」とクイズっぽくしても話は盛り上がるでしょう。

ただし、家族の話はセンシティブな話題でもあるので、話をする時は相手の顔色を見ながらしましょう。「親の職業は?」など、突っ込み過ぎた話はしない方が無難です。家族仲が良くないこともあるので、相手が話しづらそうにしていたら、それ以上は触れずに別の話題に切り替えるようにしてください。

8.「旅行に行った場所」を会話のネタにする

もし相手がアウトドア派の女の子なら、旅行に行った場所の話題をしても盛り上がります。どこにも旅行に行ったことがない女の子は、ほとんどいないですしね。「休みの日に旅行とか行ったりしないの?」と話を切り出せばOKです。

大抵の場合、旅行は良い思い出として残っているはずです。楽しかったことを誰かに話すと、自然と楽しかった思い出が蘇るので、話している方も楽しくなります。そうなれば、「あの人といると何だか楽しい」という刷り込みもできるようになります。

また、旅行の話の流れで、「〇〇に行ってみたいんだよね」という話をすると、今度一緒に行ってみようと次のデートに繋がることもあります。初デートでは、ぜひ旅行の話をしてみてください。

9.「お互いの第一印象」を会話のネタにする

初デートならではの会話として、「お互いの第一印象」を聞いてみるというのもオススメです。初デートで、ある程度お互いのことを知った後に、「〇〇さん、なんか最初の印象と違ったなぁ」と切り出すと、「え、最初はどんな印象だったの?」という会話の流れになるので、ぜひ試してみてください。

もちろん、女の子に第一印象を伝えるときには、良い意味で印象が変わった風に話をしましょう。「もっと大人しい感じかと思ってたけど、話してみたらすごく楽しかった」という風な感じですね。基本的に、初デートでは女の子のことを褒めるようにしておけば間違いはありませんので、参考にしてみてください。

10.「子供時代の話」を会話のネタにする

子供時代の話など、生い立ちを話題にすれば、お互いのことを良く知ることができるので、心の距離が近くなります。「小さい頃って、どんな子だったの?」を話題を振ってみましょう。「実は、小さい頃は・・・」と彼女の意外な一面を見ることもできるかもしれません。

また、あえて女の子に子供の頃の話をさせることによって、その子が「あの人は私の昔のことを知っている人」という認識を持つため、話した相手に親しみが湧くという心理的な効果もあるようです。話題の一つとしてだけでなく、彼女と距離を近づけるテクニックとしても、「子供時代の話」をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ:初デートでは会話の下準備を大切にすること

20170416_6_insert

最後まで読んで頂いてありがとうございます。初デートで使える会話ネタの引き出しは広がったのではないかと思います。ぜひ、これらの会話ネタを使って、初デートを盛り上げてください。

冒頭でも述べましたが、「デートをしても会話に詰まり、沈黙が続くのが怖い」と思う人は、しっかりと下準備をしてデートに臨みましょう。慣れてくると、あまり入念な準備をしなくても、スムーズな会話ができるようになりますが、慣れないうちは色々な会話のパターンを想定して準備をしておくことが大切です。

しっかりと準備を整えたら、あとはデートを楽しむことに集中しましょう。あなたが緊張しっぱなしだと、その緊張は相手にも伝わるってしまうので、ぎくしゃくしたデートになってしまう可能性があります。会話の準備はもちろん大切ですが、それ以上に、あなたが楽しむことで「一緒に居て楽しい人だ」と女の子に思ってもらうことが重要です。

初デートに臨む前に、この記事を読み返して準備をしても良いと思います。会話のネタは、ここで紹介した10個程度あれば十分なので安心してください。この記事が、あなたの初デートを成功に導くことができれば嬉しい限りです。

\ユーザー満足度順/
マッチングアプリランキング